小河正義

小河正義 重要無形文化財 越後上布

越後上布小千谷縮布技術保存協会会長の小河正義氏による作品です。
越後上布の歴史は長く、奈良県にある東大寺の正倉院に宝物として献上されていることからも1200年以上前から制作されていることがわかります。当時から最高級織物としての評価を得ていました。

1955年には国の重要無形文化財の指定を受けます。
指定条件は5つあります。
1、全て苧麻を手績みした糸を使っていること
2、絣模様をつける場合には、手くびりによること
3、居座機で織ること
4、しぼ取りは、湯もみ、足踏みによること
5、さらしは雪晒しによること

さらに、2009年には日本の染織として初めてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

越後上布の原料となる苧麻は福島県の昭和村で栽培されています。苧麻を水に浸けて皮をむき、繊維だけを取り出し、青苧を均一の太さに撚り合せ苧績みをします。湿気の高い時期の方が乾きにくく、苧績みしやすいため、雪国特有の気候が適しています。
そして、図案に沿って墨付けをし、くびり糸によって防染された絣作りが行われます。
先染めによって仕上げられた糸を居座機で丁寧に織り、漂白作用のある雪晒しをします。

小河正義さんの言葉には、「麻の道を求めて来た、長い人生。手わざの練磨と心を一つにして手間を惜しまない人達にささえられて麻へのより深い愛情が増し、日々精進をかさねて、ようやく自慢の一反が出来上がるようになってまいりました」「麻は作り手の心を誰よりも知ってくれて、作り手の心持ちでどのようにも姿を変える」と書かれています。