小川内龍夫

小川内龍夫 久留米絣

重要無形文化財技術保持者 藍染:小川内龍夫氏。
後世に残すべき高度な技術と技で織りなされた久留米絣のお品です。

小川内龍夫さんは後世に残すべき技術を高度に保持した人物として、重要無形文化財技術保持者に認定されています。
久留米かすりは日本三大絣の一つで昭和51年には経済産業大臣指定伝統工芸品に指定された木綿を代表する織物です。
一口に絣と言っても製品になるまでの工程はくくり、染め、織りなど全30工程にも及びます。また、「かすり」の語源は生地が織られる際に、柄がかすれて見えることからその名が付いたと言われています。

久留米絣、最大の特徴はなんといっても経糸と緯糸を合わせて複雑な柄を表現させる技術です。
かすりが持つ美しさや独特の風合いは熟練の職人の手によって生み出されます。
使用するほどに味が出て心地よくなる素材です。

久留米かすり

久留米かすりについて