太田秀典

太田秀典

太田秀典 本場加賀友禅作家

手描きで描かれた枝梅、菊、萩といった草花の文様が、加賀五彩を基調に染め上げられた、本加賀友禅 太田秀典氏の温かみのあるお着物です。
自然をモチーフにしたあきのこない文様が、大変美しく風格ある仕上がりです。

加賀友禅は宮崎友禅斎が京から加賀へ移り住み、加賀藩の庇護を受けたことが始まりと言われています。
また、一説では加賀友禅の原型は15世紀あたりに加賀にあったと言われる、 独特の染色技法、「梅染め」であるとも言われています。 この加賀のお国染めと友禅斎が広めた技法が合わさり、加賀友禅が確立されたと考えられています。
色彩は加賀五彩と呼ばれる(紅、黄土、緑、藍、紫)を基調色とし、 濃く、淡く、外郭より内側へぼかされるのが特徴です。
又、「虫食い葉」などの柄が代表的です。

加賀友禅について