【着物作家】大脇一心

大脇一心は、桃山時代に一世を風靡した「辻が花」という染色技法を使い、世に多くの作品を排出してきた着物作家です。

辻が花は江戸初期には途絶えてしまい、ほんの一時期にしか見られなかったため、”幻の辻が花染”とまで言われています。

近年、その復元に力を注がれる染織家の方がたくさんいらっしゃいます。 それほど辻が花染は人気があり、魅力があるということなのでしょう。

中でも、大脇一心さんの作品は桃山時代の物に近い雰囲気を持ちながら、現代的感覚も併せ持つセンスのよい作品が多く、着物通の方からとくに人気の高い作家さんです。

西洞院(にしのとういん)辻が花ともよばれる辻が花絞り染めの、古典の格調の高さと現代的なモダンさを合わせ持つ風合い・作風が魅力です。

>大脇一心の買取実績はこちら