榊原あさ子(さかきばらあさこ)

榊原あさ子 (さかきばらあさこ)有松・鳴海絞り

愛知県有松・鳴海地方より伝わる伝統染色技法、有松・鳴海絞り。
榊原あさ子先生は、日本の絞りの伝統的な技を50年余りにわたって研究してきた第一人者で有松・鳴海絞りの伝統的技法、約50種を用具による技法別に収録した「日本伝統絞りの技」の著者です。
一つずつ丁寧に丹精を込めて手で括り、染め上げるため、それぞれが個性を持ち生き生きとした表情をみせています。
国内を問わず海外においても個展を開くなど、活躍の場は多岐にわたります。

有松・鳴海絞り