新田秀次(にったしゅうじ)

新田秀次 (にったしゅうじ)紅花染

一度途絶えかけた、「紅花染」を昭和38年より復興させた新田秀次氏の大変素敵な作品です。
紬織物の機屋として三代続く新田家の紅花ですが、草木染料による織糸の糸染めが、巧く、とても綺麗なことが特徴です。
化学染料には出せない品のいい紅花染の独特の味わいが感じられます。

紅花紬について