越村八重好(こしむらやえこ)

越村八重好
越村八重好 (こしむらやえこ)本場加賀友禅作家

本場加賀友禅作家 越村八重好さんの貴船菊を描いた逸品です。
毎年秋に楚々とした上品な花を咲かせてくれるシュウメイギク。
京都の貴船山に多く見られたことから、別名「貴船菊」とも呼ばれます。

加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。

越村さんの女性ならではの繊細な表現で楚々とした可憐な風情が生まれています。
加賀友禅は着こなしを楽しみながらお召しいただける最高級のお着物です。

加賀友禅について

そんな越村八重好の着物をヤマトクはこよなく愛し、高価買取しております。
他店ではお断りされるお品もヤマトクではまとめて買い取りさせて頂きます。
全国でも先駆けて始めた宅配買取専門店です。
興味がある方は一度覗いてみて下さいませ。