六谷梅軒(ろくたにばいけん)

六谷梅軒 (ろくたにばいけん)伊勢型紙 錐彫り 人間国宝

六谷梅軒(1907-1973年)は大正-昭和時代の型紙彫刻師です。
父と兄に伊勢型紙錐彫の技術を学び、昭和14年に独立し、鮫や通しなどの文様を得意としました。
17年に小宮康助のすすめで、さらに細密な極鮫を研究します。
生涯をかけた錐彫の追求によって30年には人間国宝に認定されました。

【略歴】
1907-1973 大正-昭和時代の型紙彫刻師。
明治40年2月15日生まれ。父と兄に伊勢型紙錐彫(きりぼり)の技術をまなぶ。
昭和14年独立。鮫(さめ)小紋、通し小紋など、細密な紋様を得意とした。
昭和17年小宮康助のすすめで、さらに細密な極(ごく)鮫小紋を研究した。
昭和30年人間国宝に認定。