佐伯武晴

佐伯武晴 手彫木版染

日本の伝統を染織作家の兄、佐伯和夫に学んだのち、染織のルーツを求めて各国を取材した佐伯武晴。
その後、日本で版画家に師事して、「手彫木版染」技法を独自に開発。
上質の紬生地に後染めをほどこした紬訪問着は、お洒落着にもフォーマルにもお召しいただけます。
感動のあるきものや帯を伝えたいという想いをカタチにした、知的でモダンな作品は、お召しになる方々を気高く香りたたせてくれます。