斎藤俊弘

斎藤俊弘 米沢織

山形県置賜紬 総合部門の伝統工芸士として平成5年に認定された斎藤俊弘さん。 得意な技法は擦り込み加工と暈し加工です。
個性を活かしたものづくりをモットーにお召しになる方を輝かせる着物を制作しています。

こちらの作品は全体の淡い暈しからだんだんと袖の袂と裾により深い色を配したメリハリのある作品です。
暈しの際にぜんまいの節が見え隠れして、素朴な温かみを感じさせるエレガントな佇まいです。