酒井抱一(さかいほういつ)

酒井抱一 (さかいほういつ)江戸時代後期を代表する江戸琳派の創始的絵師

酒井抱一の絵画をモチーフに織られた作品です。
伝統的な大和絵を祖とする雅で装飾豊かな琳派的表現と、江戸文化独特の叙情性や粋を凝らした瀟洒な美意識、文学趣味などを融合させた独自の様式、所謂<江戸琳派>を確立しました。