瀬戸算

瀬戸算 本場加賀友禅作家

塩瀬地には加賀友禅の色が映える橙色を取り入れ、繊細な構図を見事に染め分けた本加賀友禅 瀬戸算氏ならではの存在感ある名古屋帯作品です。
加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。

加賀友禅について