志田弘子(しだひろこ)

志田弘子 (しだひろこ)本場加賀友禅作家

能登地方、じゃり道の先にぽつんと建つ一軒家でのんびりと暮らし、家族でものづくりに打ち込んでいる志田弘子さん。
昭和62年、加賀友禅作家として独立してから全国各地の作品展を中心に現在へ至ります。
能登の風に揺れる、野辺の草花、つぶらな瞳のこどもたち・・・
その時、その時の、心惹かれるものを赴くままに染め続けているそうです。
複雑な友禅の工程を支えてくれる、大切な仲間たちとともに仕事を続けていられることを、つくづく幸せなことです、そう志田弘子さんはおっしゃります。

加賀友禅について