清水幸太郎 (しみず こうたろう)

清水幸太郎 (しみず こうたろう)長板中形 人間国宝

清水幸太郎の作品は、「これは人の手で型付けされたものか」と誰もが目を見張る、精巧無比、繊細で上品な江戸好みに仕上がり、一世を風靡しました。
昭和30年、清水幸太郎の長板中形の優れた染色技術は広く世に認められ、最高の技術保持者として重要無形文化財、人間国宝に認定されました。