白木周生 (しらきかねお)

白木周生 (しらきかねお)手描糸目友禅染 白木染匠

現代の創作古典を生み出している名門の染匠、白木周生(かねお)氏率いる白木染匠。
流行にとらわれることなく頑なに糸目友禅の伝統を守り続けています。
また、博物館でしかお目にかかれないような200年以上も前の小袖を多数所蔵しておられ、
源流を捉えた緻密な友禅の表現はその研究の賜物でございましょう。

1941年 京都市に生まれる。学卒後、東京修行の後、父修一に師事。
1960年 父死去により二代目として家業を継ぎ現在に至る。
2005年 黄綬褒章を受章。
その他にも数々の受賞をかさね、「不易流行」の信念で創作活動を続ける。