菅原結

菅原結 菅原工房二代目

菅原工房は漢方染を用いた糸染めから織り、反物染め、絞り、整理、仕上げまでの全行程を一環して工房で行います。
代表の菅原結氏はアマゾンや古代インカ、モンゴルなどの染織を研究し、その成果は高く評価されています。

漢方染は日本の民間薬である漢方薬を材料として染めあげたお着物です。
こちらのお着物を身に付けることにより、日常生活の中で漢方薬が自然と体内に吸収され、健康を維持するために研究開発されました。

「紬を着こなしてこそ、着物好き」と言われるように、紬は着る人の個性をよく表現するおしゃれなきものです。
菅原工房二代目
こちらのお品は市松文様を織り込みながら、繊細なグラデーション文様を表したこだわりの仕上がりです。