杉浦伸(すぎうらしん)

杉浦伸 (すぎうらしん)本場加賀友禅作家

本場加賀友禅作家の杉浦伸さん。
人間国宝である木村雨山、毎田仁郎、百貫華峰の系譜を継ぎ、現代の作家さんの中でも高い評価を受けています。

加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。

淡い紫色地に桃色や白色の可愛らしい桜が優雅に咲き誇る姿が描かれています。
身にまとう芸術といわれているお着物を代表するかのような意匠です。
同じおきもの姿の方が集まるお慶びのお席でも、ひときわ際立つその佇まいは、どなたをもはっとさせる魅力に満ち満ちています。

加賀友禅について