鈴木雅也(すずきまさや)

鈴木雅也 (すずきまさや)蒔絵作家 三代鈴木表朔

~優美にして高貴な蒔絵は漆黒にちりばめられた金・銀のような世界です。 かずかずの困難をのりこえて、ここに鈴木雅也の蒔絵の美を織りあげることができました。~
日本文化の輝きをそのまま託した静かなる佇まい。 どこまでも漆黒に金の更紗や銀のたたき暈しを配した清雅な芸術品です。

【鈴木雅也(三代表朔)略歴】
1932(昭和7)年、京都生まれ。
日吉丘高校(現・京都市立銅駝美術高等学校)漆工科卒業の後、東京芸術大学漆工科に入学。
松田権六、六角大穣の指導を受ける。
卒業制作が日展に初入選。
卒業後、同大学専攻科一年修了。
1956(昭和31)年、京都にて「建築と工芸グループ」を結成。
日展をはじめ、日本現代工芸展、京展など数多くの展覧会へ出品し、継続して入賞を果たす。
1968(昭和43)年には漆芸グループ「フォルメ」結成。
漆芸の新たな可能性を模索する活動を,展開する。
1973(昭和48)年、日展特選。後には審査員となる。1988(昭和63)年、京都府京都文化博物館歴史展示室の造形演出作品の企画・制作を行う。
1991(平成3)年より、日工会展審査員、日展評議員を務める。1993(平成5)年、日工会展内閣総理大臣賞受賞。現在、東京、京都にて個展数回開催。
さらなる創作を続けている。