初代 久保田一竹

初代 久保田一竹 一竹辻が花

1937年、久保田一竹は20歳の時に出会った古の「辻が花」の小裂に魅了され、いつの日かこの染を復活させたいという思いにかられる。
その後、応召、終戦、そしてシベリアでの3年間に渡る抑留生活といった困難な時代を経、少しずつ「辻が花」の研究を開始。
翌1962年、自身の創意工夫、「度重なる重ね染め・重厚な絞り・独創的デザイン及び色調」を基調とした作品を「一竹辻が花」と命名。
1961年、現在の場所に一竹工房を開設し、ここを本拠地とし、本格的な研究に入る。
1977年、久保田一竹、60歳にして念願であった初の個展「久保田一竹展」が銀座ミキモトで開催。
久保田一竹が20歳で出会って以来40年、ようやく「一竹辻が花」を世に発表。
その後、国内外で多数の展覧会が開催され、「一竹辻が花」が開花。
久保田一竹氏が手がけたオリジナルの”一竹辻が花”は今もなお魅力し続けます。

二代 久保田一竹とは?