高田倭男(たかたしずお)

高田倭男 (たかたしずお)皇室御用達作家

高田倭男は数百年続けられている宮中御用装束調達方、高田家の家業を承け継ぎ、宮中装束の制作に携わっている方です。
所長を務める高田装束研究では古典織物や服装復元なども行い、平安時代から続く日本の美を現代に伝えています。

皇室御用達作家
こちらの作品は薄めの帯地に薄ベージュやピンク、黄緑色、クリームといった上品な色糸使いにて伝統的な有職文様を織りあげた高貴な一本です。
有職とは、儀礼や儀式の故実、「きまり事」を表します。色・文様・織の組織などの全てが有職に基づき決められており、それに従って織り上げられるのが有職織物です。
平安時代以来、皇室や貴族の儀式や年中行事の中で用いられ、今でも皇室や神社の装束(衣装)や調度として使われています。