高尾菊次郎

c 西陣織

西陣織【織悦】の先代である高尾菊次郎。
高尾菊次郎は芸術への理解と造詣が深く、絵画や工芸品の蒐集家として西陣でも名を知られていました。
そんな菊次郎を慕って後に人間国宝となる芸術家や工芸家たちが集まり、一種の芸術サロンが開かれていました。
そこでは、日本の美術や工芸に対する壮大な夢、ものづくりの哲学や美の本質が熱っぽく語られたのです。
染織への果てしなき研究に生涯をかけて取り組んだ菊次郎は、数多くの特許を取得しました。
巨匠の丁寧な手仕事から、芸術への真摯な思いを感じることができます。

ゴブラン式モール織は重厚な質感と、暖かな手触りが特徴です。
段文の中にはルーマニアの織物に着想を得た花々や幾何学文様がたっぷりと綾なされております。
暖色系の絹糸を用いて繰り広げられる優美な意匠構成に、ワンランク上の洗練が宿っています。
今も高尾菊次郎の精神を受け継ぐ、織悦ならではの貴重な逸品です。

<織悦の歴史>
1922年 先代、高尾菊次郎、渡辺半次郎商店より独立開業
1924年 西陣で最初に紬糸を使用、三越三彩会に入選
1930年 特許、実用新案十数件取得
1934年 (アップリケ、刺繍、ゴブラン式モール織、両面織、梨地絽、本羅等)
1948年 「カラー織」で特許取得
1970年 織悦株式会社設立 高尾通代表取締役就任
1975年 高尾菊次郎 第一回全国伝統的工芸品産業功労者に選ばれる
1977年 高尾菊次郎 二回にわたり紺綬褒章受賞

織悦について