玉虫正直

玉虫正直 みちのく古代織研究所 玉虫工房

玉虫正直さんは紙布をはじめ、しな布、ぜんまい織の第一人者として山形県米沢市で作品を作り続けております。
手織りの里紙布はその昔、 貴重とされていた紙を再利用する目的で作られるようになった事が始まりで、 はじめは商家で古くなった大福帳や書き損じたものを使用していました。
文字の書かれた和紙を細かく切って撚るという大変な作業です。 それによって文字が点々と現れる味わい深い作品です。

ぜんまい独特の温かみのある風合いも加わって、 凹凸のハーモニーが繊細な音色を奏でる素晴らしい八寸帯となっています。
柔らかものや紬や御召にも合いますね。
紙布
玉虫工房