田中比呂司 (たなかひろし)

田中比呂司 (たなかひろし) 本場久留米絣

筑後市にて藍染工房を営んでおられる田中比呂司氏の真心が織り込まれた温もりのある仕上がりです。
現代的な装いにもピッタリで、貴女の個性を十分にアピールできますね。
木綿の着物はなんといってもお洋服のように気軽にコーディネートして、気楽に着てお出かけできるのが魅力です。

深まりゆく正藍染めにて、斜めに散りばめられた儚くも可愛らしい霰文様。
白色と青色の霰は一つとして同じ形のものはなく、活き活きとした絣足に遊び心を感じます。

秋から冬の季節によくあう上質な木綿着物は初心者の方も、そして普段から着物生活を楽しむ方にもピッタリです。
藍は「ジャパン・ブルー」と呼ばれ、その色や染法は世界でも高い評価があります。
何十回もの染め工程を繰り返し、決して同じ色には仕上がらないという藍染のお着物が作り出す独特の風合いは、一見の価値があります。

藍染工房の本場久留米絣

久留米かすりについて