多崎元人(たさきもとひと)

多崎元人(たさきもとひと)

多崎元人 (たさきもとひと)本場加賀友禅作家

本場加賀友禅作家「多崎元人」氏による最高級品のご紹介です。
加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。

こちらの作品にはしっとりと柔らかな絹地にダリアが可憐に花開きます。
ダリアの花言葉は「華麗」「優雅」「気品」です。
見れば見るほどその姿に魅了され、多崎元人さんの芸術的感性と見事な表現力に圧倒されてしまいます。
本加賀友禅はお袖を通された時の着姿の美しさと言われており、中でもこちらは身にまとう芸術といわれているお着物を代表するかのような美しく優雅な意匠となっております。

加賀友禅について