龍村晋 (たつむらしん)

龍村晋 (たつむらしん)伝匠名錦

龍村晋は父・龍村平蔵の下で古代裂の復元を学びました。
そして、龍村平蔵氏が遺した「寸断の錦なげうつしぐれかな」(織り上がった錦であっても、少しでも納得がいかねば敢然と切り捨ててしまう)という信念を座右の銘とし、体の髄まで染み込ませました。
また、父の染織に対する眼差しを受け継ぎつつも、日本の工芸染織の粋をさらに高めようと卓越した精神、技術力で取り組み、龍村晋氏ならではの世界観を育むことで独自のアプローチを構築していきます。
古代より色糸と金糸を緻密に織り込んだ錦は織物の中でも最も貴重なものとして金と同等の扱いを受けたそうです。

龍村平蔵ついて