俵屋宗達(たわらや そうたつ)

俵屋宗達 (たわらや そうたつ)琳派絵師

俵屋宗達は慶長から寛永年間に活躍した画家です。
尾形光琳と並び称せられる近世初期の大画家であり、「風神雷神図」が有名です。
こちらの作品は柄を帯の図案として取り入れ織られました。