寺西英樹

寺西英樹 本場加賀友禅作家

加賀友禅は古くから加賀友禅地方独自の染色技法であった「加賀染」を基に、宮崎友禅斎が享保年間(一七一八年頃)に新しく模様を取り入れたことに始まります。
特徴は、五彩といわれる藍・臙脂・黄土・草・古代紫を基調とした暖かな色彩に、花鳥山水を描いた絵画的な構図、そして模様の外側から内側へボカシを入れる技法にあります。

江戸時代から続く染め師の13代目であり「寺西染工」工房も構える、本加賀友禅作家の巨匠・寺西英樹氏作らしい、上品な最高級の訪問着です。
何とも言えない美しい薄緑色の地に繊細で息吹を感じさせる花模様が着物を彩ります。

加賀友禅について