【染色作家】寺島利男とは?作風は?人気が広がっている理由について解説!

京都の染色作家の中でも注目の寺島利男氏についてご紹介!

寺島氏が作る着物の特徴的なデザインや独特の雰囲気を引き出す作風商品価格帯についても解説しています。 さらに、『ヤマトク』で高価買取した商品もご紹介!

寺島利男とはどのような着物作家なのでしょうか?

染色作家・寺島利男さんは流行にとらわれない自然美の世界を追求した製作活動を行っています。 「水や岩、草木、光と風といった自然界と正面から向かい合い対話できる世界の一つが染色の世界」とのコンセプトのもと、すべてを手作業で行い、一つ一つの工程に「気」を込め、染色の技で「新鮮かつ斬新に表現し未知なる世界」を表現し続ける着物作家です。

華麗なる受賞歴

1989年の日展入選以降、7回も入選され、専門家からも非常に高く評価されています。 その他にも京都工芸美術展や日本新工芸展等、輝かしい受賞歴を持ちます。 流行にとらわれない自然美の世界を追求する一方、 30年に渡る長き期間コンクールで評価され続ける創造性を持つ、稀代の作家です。

染色の普及活動も

そのような有名な着物作家の一般的なイメージでは、職人肌の気難しいイメージを思い浮かべますが、「水九木塾」いうサークルを設立され、染の普及にも努めていらっしゃいます。 「水九木塾」の由来は「染」の漢字を水、九、木に分解したもので、染めのことをもっと楽しんで知ってもらおうという意図があるようです。 サークルでは工房見学や染色教室の他に、和を楽しむ各種イベントを企画されています。 また、HPでは手ぬぐいや匂袋等の小物も販売され、より染のお品を身近に感じられるようになっています。

本格作家「寺島利男」の着物はどこで買える?価格の相場は?

寺島利男氏の着物や帯はすべて手作業で作られるため、残念ながら世に出回っている数自体が少ないです。 では、そんな貴重な寺島利男氏のお品は一体どのように手に入れるのでしょうか?

取扱店で購入

呉服屋さんで取扱いがある場合もありますが、入荷自体が少ないため出逢えた時はラッキーでしょう。 馴染みの呉服店があれば電話で確認するかネットで確認すると良いでしょう。 取引が多い呉服店では、ネット通販にはないデザイン性の高い柄を見つけられる可能性が高いです。 価格は取扱店様や取扱商品によって大きく異なりますが、十数万円~の商品が多いです。

ネットショップで購入

京都きもの市場や楽天、その他呉服店サイトで購入が可能です。 1点物が中心ですので入荷直後は種類も豊富ですが、売切れ商品も多いです。 気になる商品数は、弊社の調査では2点販売されていました*。 価格は中古品の友禅の訪問着で40,000円~です。 ※商品数や価格は時期によって変動ありますのでご了承ください。

オークションで購入

呉服店やネットショップで購入も可能ですが、ヤマトクのおすすめはヤフオク!で購入することです。 理由は呉服店やネットショップよりも安い!この1点に尽きます! 弊社が運営するヤフオク!着物10では年間数点の取扱いではありますが、希少なお品の販売実績がございます。 希少品でも中古や新古品ということもあり呉服店やネットショップで購入するよりも遥かに安く手に入れられる可能性がございます! ただ、ヤフオク!全体でも年間で数点ほどしか流通していないため、本当に欲しい柄に出逢えた時は是非お得に手に入れてください。

ヤマトクで高価買取品や高価な理由についてもご紹介

寺島利男氏のお品はこれまでご紹介したとおり、「希少性」「作風」の面で大変人気の高い唯一無二の作品です。 そのため、弊社販売店で入荷のご要望が多いメーカーの一つに数えられます。 そして、お客様からのご要望にお応えするためにも、どこよりも高く買取をさせていただきます。

まとめ

いかがだったでしょうか? 寺島利男氏のことを知っている方も知らない方も、作風や人間性を知ることでさらにファンになるのではないでしょうか。 希少だからこそ、手に入れた時の喜びも大きいですよね。 もし、寺島利男の作品をお持ちの方で、『次に着る方をお探しのときには』ヤマトクが橋渡しのお手伝いをさせていただきます。