東藤岳(とうどう がく)

東藤岳 (とうどう がく)本場加賀友禅作家

本場加賀友禅作家・東藤岳さんは高校卒業後に成竹登茂男氏を紹介され、門下に入りました。
厳しい修行の中で「自己満足に終わる作品は残さない」と自らを戒め、着る方が一番美しく見えるようにとの思いで筆をとります。

「人のご縁に支えられて今までやってこれたんですよ」と語る東藤さんは、友禅作家の最長老。
辛い修行の日々に、一旦は道を投げ出そうとしたこともあったが、友人の「恩に背いたらいかん」との一言に奮起し、以来一心に筆を取ってきたといいます。

【略歴】
昭和12年石川郡鳥越村生まれ。
昭和30年日展作家、成竹登茂男氏に師事。
昭和44年に独立し、その後全国各地で実演販売を開始する。
平成7年伝統工芸士に認定。
平成13年加賀友禅振興協会理事。その他受賞多数。

加賀友禅について