辻村ジュサブロー

辻村ジュサブロー 日本の人形作家

辻村壽三郎さんは人形師、着物デザイン、舞台、映画等の衣裳デザイン、演出、脚本、アートディレクター等多岐に渡り活躍しておられます。
個性的で引き込まれるような作風はファンも多く、希少価値の高いお品となっております。

【略歴】
1933年 旧満州国錦州省生れ
1944年 11歳で日本に引き揚げ。
1945年 原爆投下の3ヶ月前に広島県三次市に越す。
1954年 河原崎国太郎を頼り役者を志して上京。
その後河原崎の紹介で小道具制作の会社に就職
1959年 26歳で独立、創作人形を一生の仕事と決意
1961年 第13回現代人形美術展で『八百屋お七』が入選。
1973年 NHK『新八犬伝』で人形美術を担当
1975年 NHK『真田十勇士』の人形美術を担当。
1978年 『王女メディア』(日生劇場)、アートディレクター担当
1981年 映画『魔界転生』の衣装デザイン担当
1986年 『オイディプス王』(築地本願寺)、アートディレクター担当
1990年 TBS系時代劇『浮浪雲』の衣装デザイナー担当
1996年 東京日本橋人形町に長年の夢だった自身の人形館(ジュサブロー館)を開館
2000年 ジュサブローを本名に改める

【受賞歴】
1975年 第十回モービル児童文化賞受賞
1976年 五十一年度ゴールデンアロー賞受賞 五十一年度芸術選奨(文部大臣新人賞)受賞
1977年 日本舞台テレビ美術家協会賞受賞
1980年 「海神別荘」昭和55年度芸術祭「優秀賞」受賞
1980年 財団法人民族衣裳文化普及協会「きもの文化賞」受賞
1984年 日本文化デザイン会議賞受賞
1985年 菊田一夫演劇賞特別賞受賞
1990年 イギリス、ローレンス・オリビエ賞ノミネート
2014年 三次市 芸術文化栄誉賞