上野街子(うえのまちこ)

上野街子 (うえのまちこ)清染居

人間国宝の技と美を受け継ぐ故・上野 清二の妻・上野街子さんによる清染居(せいせんきょ)のお品です。
上野清江氏から代々続いており、京都北山、紫野の工房で着物を制作されている清染居。
作家名を落款にせず、敢えて「清染居」としたのは、人の短い一生にとらわれず、伝えていくことのできる名前を、作品の一つひとつに刻んでおきたいという想いからだそうです。
京加賀友禅の伝統に現代の息吹きを織り込み、映り良く気品備わるお召し物を心がけておられます。