若林弘恵

若林弘恵 博多織の伝統工芸士

本場筑前博多織認定伝統工芸士、若林弘恵氏による袋帯です。
内閣総理大臣賞をはじめ、様々な賞を受賞するなど、技術に優れた作家です。

伝統工芸士
遙かなる宇宙の無限の広がりを感じさせる美しいデザインと、シャープな文様のコントラストが素敵です。
列車は人々の夢をのせて、速度をあげながら彼方へ向います。
本金箔や金糸の豪華絢爛な煌めきが帯姿にさらなる美しさをプラスしてくれます。
伝統工芸士 若林弘恵氏の自由な発想が伺える、最高のお洒落帯です。

紹巴織の帯
驚くほどしなやかな錫色地には伝統的な花皿とともに裂取状の割付文や更紗がのびやかに表現されており、さすがは若林先生と脱帽するほどの高度な仕上がりです。
紹巴織は、高級品として代表的な「つづれ織」に似ていて、緯糸(ぬきいと)が経糸を包み覆うような織り方であり、緯糸によってのみ、柄デザイン・配色を織り上げています。
それゆえ、他の織帯と比べ、緯糸同士の摩擦が大きいので「絹鳴り」がして、ゆるみにくく、締めやすいことが特徴となっています。