山口静樹

山口静樹 山口美術織物

名門・山口美術織物より、ふっくらと刺繍を施した錦繍御衣のご紹介です。
こちらは紫雲会同人の山口静樹氏監修のもと、匠の技術を駆使して創作した逸品です。
「紫雲会」同人は永い歴史の歩みとともに、染・織・繍の最高峰の技術を継承した作家が相集い、創作活動に専念しております。

【山口静樹】
昭和21年 京都西陣織 織元 山口伊太郎の三男として生まれる。
昭和52年 紫恵織物株式会社 代表に就任。
昭和55年 父 山口伊太郎とともに唐織による「源氏絵巻」の復元に従事。
打掛・能衣裳・几帳を製作。
平成9年  東京・霞ヶ関 旧華族会館における第一回紫雲会同人作品展に参加。
先染ちりめんと唐織によるきもの「唐錦御衣」を製作発表。
平成10年 京都・高台寺 土井における紫雲会同人会作品展に参加。