山村省二

こちらは重要無形文化財久留米絣技術保持者会会員・日本工芸会正会員である山藍工房・山村省二氏による本藍草木染手織久留米絣の作品です。

久留米絣の重要無形文化財技術保持者会会員・日本工芸会正会員である山村省二さん。
「柄はシンプルに、色は多彩に」をモットーとして製作に取り組む山村さんは、伝統を受け継ぎながら山村イズムを投影した現代性溢れる世界を展開しています。
30以上もの工程がある久留米絣の技法を忠実に守り、次世代へと伝承する役割も担っています。

山藍工房

ふっくらとした優しさと温もりを感じる素晴らしい久留米絣の作品です。
日本三大絣ともいわれる久留米絣の技法は1957年に国の重要無形文化財に指定され、
1976年には経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されています。

久留米かすり一覧はこちら