山崎巌

山崎巌 京加賀糸目友禅作家

加賀友禅の大御所、成竹登茂男氏に師事し技術を習得した京友禅作家、山崎巌氏によるお着物です。
驚くほど細かな糊糸目や絵画的な暈しからも他とは異なる卓越した存在感をアピールしています。

友禅染は白生地に下絵を書き、その下絵を糸目糊でなぞっていきます。
この糊が図柄や色が隣の図柄、色にしみ込むことを防ぐ防波堤の役割をします。
次に図柄に色を挿していき、そして染めあがった図柄の上に伏せ糊をして地色を染めます。最後に糊を落とします。
この染色方法は、絞り染めや型染めに比べ、より自由に図柄を描く事ができ、また多数の色彩を使うことも出来ます。
つまり、まるで絵を描くように、染める人の感性を最も忠実に表すことが出来る染色方法なのです。
お召しになる方をこれ以上ないというほど優美に演出します。