横山大観(よこやまたいかん)

横山大観 (よこやまたいかん)日本画家

昭和~平成ときもの業界リードした伊豆蔵家名門じゅらく。
こちらの作品はじゅらくが横山家と専属契約し、織物として再現された図です。
近代日本画壇の巨匠であり、誰もが知る横山大観の芸術性溢れる作品柄です。
また、横山大観は自らも着物を愛していました。

~横山大観~
茨城県に生まれる。東京美術学校第一期生として、岡倉天心や橋本雅邦の薫陶を受ける。
明治31年、天心指導のもと日本美術院の創立に参加。新しい日本画の創造に邁進した。
大正3年に美術院を再興すると、以後院展を中心に数々の名作を発表。
昭和12年には第1回文化勲章を受章し、明治・大正・昭和と日本画壇をリードし続けた。