吉田匡廣 (よしだまさひろ)

吉田匡廣 (よしだまさひろ)手描き糸目友禅

人間国宝の上野為二を父に持つ上野忠生主宰の「上野工房」に入門し、友禅染とロウケツ染に磨きをかけた吉田匡廣のとても貴重な作品です。
手描き糸目友禅を専門とする吉田匡廣は新匠工芸会会員・沖縄県立芸術大学教授・京都市立芸術大学非常勤講師を務めます。
上野工房に弟子入りした最後の弟子として後世に続く育成も行っています。

着物のこちらの作品は、朝顔や花びらの白色と紫色の可憐な地色は美しい心をそのまま映してくれるかのようです。

薄紫色のたたき染めを重ねた上品な帯地
こちらの帯の作品は、右端にそっと薄紫色のたたき染めを重ねた上品な帯地には、シルエットのみで川魚の姿を表わすという吉田匡廣先生の独自の感性が伺える素晴らしいデザインが描かれています。
ゆったりと自由気ままに泳ぐ川魚の姿を眺めると、見ている方も自然と癒やされますね。
銀通しは水面に反射する太陽光のようで、とても鮮烈な輝きを放っています。
吉田匡廣さんが温かな眼差しとともに丹精を込めて描いた極上の袋帯です。

「略歴」
1948年 京都府生まれ
1966年 上野忠夫主宰「上野工房」に入門、友禅染とロウケツ染を学ぶ。
1968年 「新匠工芸会展」で奨励賞を受賞。
1969年 父・吉田光甫の工房に戻り、友禅染意匠の研究に入る。
1976年 新匠工芸会会員に推挙される。
1985年 友禅染の衣裳・屏風で初個展を開催(東京・銀座、アサヒアートギャラリー)。
1989年 沖縄県立芸術大学非常勤講師となる。
1993年 「新匠工芸会展」で振袖作品により稲垣賞を受賞。
1997年 「京都工芸美術作家協会展」で奨励賞を受賞。
1998年 「新匠工芸会展」で屏風作品により稲垣賞を受賞。
1999年 京都市文化協会の協会賞を受賞。
2007年 「新匠工芸会展」で振袖作品により富本賞を受賞。
2010年 沖縄県立芸術大学教授となる。
2014年 「新匠工芸会展」で屏風作品により富本賞を受賞。
2015年 「家集団・工芸京都」に加入。