吉乃一廉(よしの ひとかど)

吉乃一廉 (よしの ひとかど)辻が花

吉乃一廉先生は生涯のモチーフとなる幻の染辻が花に魅せられ、1985年からは辻が花絞りをベースとした、絞り全般で様々な意匠を開発されました。
そして1999年、吉乃一廉の世界を確立するに至ります。
その高度な絞りの技術とセンスあふれる意匠は、「一廉辻ヶ花」の名で、業界に一大旋風を巻き起こしました。
意匠・色彩にも現代的なセンスを融合させた新作品を次々と世に送り出し、現在は後進の指導に努める傍ら、さらなる独自の染色の世界の確立を目指し、創作活動に専心されています。

何十時間、何十工程もかけて仕上がった一枚は、柄そのものにふくよかな立体感があり、崇高な気品を醸し出しています。
墨絵、高度な絞りの技術、甘美な色彩が絶妙なバランスで施されており、見れば見るほどうっとりと夢見心地になります。