二代目 由水十久(ゆうすい とく)

二代目 由水十久 (ゆうすい とく)本場加賀友禅作家

加賀友禅の特集には必ずと言って良いほど名前と作品が紹介される有名な作家、二代由水十久。
幼い頃より、日本画を研修し、日本国内はもちろん、海外でも個展を開くなど、その才能を惜しむことなく、発表していきました。
作品の筆書きの冴えには定評があり、本物志向のこの時代に最たるものと言われています。
【略歴】
昭和27年 初代由水十久の次男として金沢市大野町に生まれる
昭和46年 石川県金沢泉丘高校卒業
昭和55年 多摩美術大学日本画専攻卒業
※在学中は加山又造、上野泰郎両先生に指導を受ける
東京銀座にて個展を開催、帰郷し由水塾に入門
昭和62年 加賀友禅作家として認定を受け落款登録、加賀振興協会に加入
平成元年 「由水充工房」設立(のち「由水十久工房」と改める)
初代由水十久の一周忌法要を機に2代由水十久襲名
加賀友禅新作競技会で第一席受賞
平成2年 2代目襲名記念個展開催(京都文化博物館)
平成8年 伝統加賀友禅展金賞受賞(石川県立美術館所蔵)
通産省指定伝統工芸士の認定を受ける
平成9年 美展において特選受賞
平成11年 ルクセンブルク大公殿下御夫妻、高円宮殿下御夫妻由水十久工房ご来臨
伝統加賀友禅展金賞受賞(石川県美術館所蔵)

初代 由水十久について
加賀友禅について