白無垢は高く売れる!買取相場が高い素材や人気の種類は?

白無垢は高く売れる!買取相場が高い素材や人気の種類は?

日本古来の和装の中でも最も格が高い「白無垢」

和モダンスタイルの流行から、前撮りなどで「綿帽子を被りたい!」というプレ花嫁たちに非常に人気があり、買取の需要も高くなっています!

お母様やお祖母様の時代の婚礼衣装をしまい込んでいる・・・という方、思い出の婚礼衣装を処分してしまうのは忍びないですよね。

婚礼衣装を買い取っている着物買取専門店なら、大切な着物をしっかり査定したうえで、いま白無垢を必要としている花嫁のもとに届けてもらえます。

この記事では、買取相場が高い白無垢の特徴や、買取業者が査定時にチェックするポイントをご紹介します!

 なぜ結婚式にふさわしい?白無垢の意味と身に着け方

白無垢の特徴である白色は「身を清め、神聖な儀式を行う」という意味から婚礼にふさわしいものとされ、他にも「純潔」、「嫁いだ家の家風に染まる」という意味もあります。

白無垢の下には掛下、掛下帯等を着用し、小物には筥迫、懐剣、末広、帯もすべて白色に統一します。白無垢の時のみ、綿帽子を被ることができます。

織り方には緞子、唐織、佐賀錦織などがあります。

しなやかで落ち着いた光沢感のある緞子地、豊かに織り上げた唐織は着姿に量感がでて立派な姿になります。

白無垢と同等の格を持つ日本の伝統的な花嫁衣装である打掛と並んで、昨今の和婚ブームで非常に人気がある婚礼衣装です。

関連記事:高価買取できる打掛の特徴はこれ!思い出の婚礼衣装を高く売る方法をご紹介

白無垢の買取相場を高める人気の素材や技法をご紹介

気になるのは、お持ちの白無垢がどのくらいの価値があるものなの?ということだと思います。

着物の買取相場は季節や時代によってさまざまですが、一定して「人気な品」の特徴があります。

特に昔の婚礼衣装は今よりももっと豪華で装飾が豊かな場合が多いので、高値がつく可能性が高いんです!

ぜひお手元の白無垢の特徴を確認しながら、ご覧ください。

刺繍が施されている白無垢

絹艶の美しい上質な刺繍糸が多用された白無垢は、女性の繊細さと美しさを引き立て、別格の佇まいを演出します。

相良刺繍、蘇州刺繍、汕頭刺繍、金駒刺繍、銀駒刺繍など、伝統的な技法でひと針ひと針ていねいに結ばれた白無垢は、非常に価値が高くなっています。

唐織(からおり)の白無垢

能装束にも施される唐織は、色糸を浮かせて通常の何倍もの糸を使用して文様を作り出す技法です。

ふっくらとした立体感と重厚感が特徴です。

唐織の白無垢のなかでも特に、京都の西陣で織られた西陣織は、まさに最高峰の花嫁衣装です。

スパンコール付きの白無垢

白無垢の華やぎをさらに高めてくれるスパンコール

キラキラと遠目で見ても非常にゴージャスで、人気があるあしらいのひとつです。

人気の文様

婚礼の日にふさわしく、輝かしい未来を祝福する文様があしらわれた白無垢は、非常に人気が高いです。

特に以下のような文様の需要が高くなっています。

飛鶴、鳳凰、御所車、牡丹、梅、秋草文様

人気の素材

白無垢の素材には絹や化繊、交織があります。特に買取の需要があるのは絹と化繊の白無垢です。

絹の場合は真っ白でなくややベージュがかった生成り色で、上品な光沢感としなやかな着心地が特徴です。

化繊に比べて着崩れしにくく、温かい風合いとなります。

化繊は化学繊維のことで、真っ白な色合いでツルツルとした手触りが特徴です。

「赤ふき」の白無垢も人気

白無垢の裏地の部分が一部赤色になっており、袖や衿から見えるものがあります。これを「ふき」といいます。

紅白のコントラストが美しく、晴れ舞台にふさわしい気品が漂います。

白無垢を売る前にチェックすること

実際に白無垢を買取してもらうときは、事前チェックと業者選びが重要です。

思わぬところで買取価格が下がってしまうことがないように、ぜひチェックしてください!

花嫁衣装一式がある場合はまとめて買い取ってもらう

襦袢、掛下、掛下帯、丸帯、和装小物など、花嫁衣装一式をお持ちの場合は、まとめて売るのがおすすめです。

付属品の点数が多かったり、セットになっているお品ほど、査定価格もアップします。

買取業者はこんなところを見ています!

着物の買取業者は、以下のような項目をチェックして買取価格を決定します。

  • ・焼けによる変色、汚れがないか
  • ・匂いがついていないか
  • ・刺繍糸の解れがないか
  • ・脇の縫製が解れていないか
  • ・使用感があるか
  • ・人気がある素材や技法が使われているか
  • ・身丈が185cm以上あるか

使用感や素材などは変えることができませんが、匂いや汚れは売る前に必ずチェックしておきましょう!

芳香剤や防虫剤、香水、タバコの匂いがついていませんか?

匂いが濃い場合は、売りに出す前に一度陰干しをされることをおすすめします。

また、湿気の多い場所などで保管している場合には汚れやカビが付着していることがあるので要注意。

ただし、着物のクリーニングは大変高価ですので、無理して業者へクリーニングに出してから査定に出す必要はありません。

ご自身で出来る限り汚れを拭き取るだけで十分です。

着物専門の買取業者に依頼しよう

買取業者選びも重要です。

例えば、ゲームや本などたくさんのジャンルを扱うリサイクルショップでは、着物専門の査定士がいない場合が多いです。

また、着物の価値を年代だけで判断して、新しい着物しか買い取らないというお店も存在します。

特に白無垢などの花嫁衣装は、販路をもたないお店では買取を断られてしまうことも。

買取に出す場合は、「着物専門の査定士がいるかどうか」、「花嫁衣装でもしっかり査定してもらえるかどうか」をぜひ確認してください。

花嫁衣装の買取なら「着物10」の宅配買取がおすすめ

花嫁衣装をはじめ、「着物10」では帯や和装小物も含めすべての着物類が査定対象です。

手数料は完全無料、箱に詰めて送るだけなので、お店に持ち込むよりも簡単。

買い取らせていただいた婚礼衣装は再販売し、思い出のお品を次の花嫁様へと橋渡しをさせていただきます。

  • ・着物買取の専門店だから価値を見極めた高価買取が可能
  • ・お店に持ち込む必要がなく、着物を箱に詰めて送るだけ
  • ・インターネットで24時間申込み可能
  • ・送るための緩衝材やダンボールが無料で貰える
  • ・宅配業者が家にダンボールを取りに来てくれるから家にいながら着物が売れる
  • ・送料、査定料、振込手数料が完全無料

まとめ

高価な花嫁衣装は使用機会が少なく、処分方法が分からないからとずっと保管したままになっているご家庭はとても多いです。

ぜひこの機会に思いきって着物10に査定依頼をしてスッキリしませんか?

私たち着物10が責任を持って次の花嫁様へ橋渡しをさせていただきます。