振袖の買取相場はどの位?低価格な素材と高く売るコツを解説!

振袖の買取相場はどの位?低価格な素材と高く売るコツを解説!

振袖は「頑張って貯めたお金で買った」「母親から受け継いだ」「親が買ってくれた」など、一着の思い入れは人によって違います。

買取ってもらうのであれば、少しでも高価格で買取ってほしいもの。

振袖の買取相場は一般的なもので~4万円ほどですが、成人式の振袖一式などになると3~40万円になったり、高級品となると100万円以上となることも。

この記事では「振袖の買取相場」を説明し「高く買取ってもらうコツ」「低価格になりやすい素材」「買取業者の選び方」などについて詳しくご紹介します。

振袖とは?

振袖は袖丈を長くして袂のある袖を仕立てた和服のことで、未婚女性の第一礼装とされています。

振袖には「小振袖」「中振袖」「大振袖」の3種類があります。

  • ・「小振袖」は大学の卒業式に袴と合わせる
  • ・「中振袖」は成人式・結納・結婚式の参列
  • ・「大振袖」は結婚式のお色直し

 

などで着用されることが多いです。

振袖が現在の形になったのは江戸時代頃と言われています。

江戸時代初期に女性が着る和服の袖丈は55cm~95cmほどありましたが、江戸末期には95cm~122cmまで長くなっています。

現在では最も袖丈が長いタイプでも、114cm前後です。

時代ごとに変わっていった袖丈ですが、舞をするときに身振りを美しくみせたり、長い袖で厄を払うためなどさまざまな意味があります。

振袖の買取相場は?

振袖の買取相場はいくら?

振袖を買取ってもらう場合に、何より気になるのが買取価格ですよね。

振袖は着物と比べると、買取相場が高い傾向にあります。

その理由は成人式や結婚式など特別な日の正装として着るケースもあり、1年を通じて需要があるためです。

一般的な着物は~3万円。一方で振袖の買取相場は~4万円ほどとされています。

また成人式用で購入した振袖一式だと買取相場は3~40万円になったり、高級品や有名ブランドとなると100万円以上となるものもあります。

ブランド品や有名作家の品物であれば買取価格は上がり、生地の状態などによっても大きく違いがでますよ。

振袖を高く買取ってもらう5つのコツ

振袖を買取してもらう際に事前の査定を行いますが「思った以上の価格ではなかった…」というケースが多々あります。

諦めて買取してもらう方が多いようですが、売却する前にポイントを押さえておくと買取額がアップする可能性も。

ここでは、振袖の買取価格を上げる5つの方法をご紹介します。

  • ・人気がある素材・種別
  • ・流行りのない定番な色合いやデザインの振袖
  • ・年数が新しい振袖
  • ・身丈が長い振袖
  • ・保存状態が良い振袖

人気がある素材・種別

売却するときは振袖の素材が、どのようなものかを理解しましょう。

素材が正絹100%の振袖は買取相場が高く、高価買取されやすいです。

絹100

基本的に正絹で作られていることが多いですが、中にはポリエステルやウールで作られている振袖もあります。

素人目では正絹かポリエステルなのかは分かりにくいので、振袖を買取してもらう際は素材・種別に関しては事前に調べておくことをおすすめします。

流行りのない定番な色合いやデザインの振袖

トレンドのないデザインや色合いである、いわゆる定番カラーの振袖だと比較的高く買い取ってもらえる確率が高いです。

なぜなら、定番な色やデザインは大きく流行りが変わらない限り毎年需要が高いため、買取相場が高いのです。

例えば、「赤・ピンク系」や「青・水色系」は振袖といえば思い浮かべる人が多いくらいの定番カラーではないでしょうか?

このような色合いの振袖は定番といえるほど、人気が根強いので売れることが多いのです。

年数が新しい振袖

振袖を高く売るコツの一つとして、10年以内に作られた振袖は買取相場が高いとされています。

振袖は使用頻度が低く、購入してからの年数が浅いと保存状態が良い場合も多いため、高額買取が期待できるでしょう。

使用する機会が減ってしまって手放すことを検討している振袖は、年数が経過しすぎないようにまずは早めの買取査定をおすすめします。

身丈が長い振袖

振袖は袖の長さによって名称や格式が変わりますが、身丈の長さによっても買取額も変わるのをご存知でしたか?

振袖の場合は小さいものよりも大きいサイズのもののほうが高価買取してもらえる確率が高いです。

理由は、サイズが大きいものだと仕立て直して再利用することができるため、需要があり買取相場が高くなるためです。

逆にサイズが小さいものだとそれ以下のサイズにしか仕立て直すことができなくなるため、自然と需要が低くなります。

そのため小さいサイズの場合は仕立て直すことが難しいので、買取額も低くなる傾向にあります。

ちなみに現代は身長160cm以上・裄67cm以上・身幅63cmほどが好まれています。

一般的な格式の高さは袖の長さですが、買取額の高さは身丈の長さでも変わるということを覚えておきましょう。

保存状態が良い振袖

保存状態が悪い振袖は買取価格が下がるだけではなく、買取自体ができないこともあります。

例えば「生地の傷み」「カビ汚れ」「変色」「虫食い」などがあると買取相場は、みるみるうちに下がってしまいます。

しかし保存状態が良い振袖は、買取価格も上がる可能性が十分にあります。

タンスに放置したままの振袖があるのであれば、状態を見て保管方法を変えてみましょう。

その他に振袖購入時の付属品として箱・領収書・たとう紙があると、品質の証明ができて値段も付きやすい傾向です。

値段が付きにくい振袖とは?

振袖買取には「大切な振袖を査定したが、値段が全くつかなかった」というケースもあります。

理由としては「年式が古い」「保存状態が悪い」「サイズが小さすぎる」「素材の価値が低い」などがあげられます。

ここでは値段が付きにくい振袖についてご紹介します。

  • ・年数が経過した振袖
  • ・保存状態が悪い
  • ・振袖のサイズが小さい
  • ・価値の低い素材が使われている

年数が経過した振袖

生産されてから10年以上の年数が経過した振袖は値段が付かないこともあります。

また昭和初期~中期にかけて生産された振袖は、大量に生産されたため希少価値が低く買取自体ができないことも。

しかしコレクターが多数いる大正時代のアンティーク品は、保存状態が良ければ高額買取してくれるケースもあります。

振袖の保存状態が良く、生産量が少ない時代の着物である場合は高額査定が期待できます。

保存状態が悪い

振袖の買取を依頼する際に、保存状態が悪いと値段が付かない可能性が高くなるでしょう。

「カビ」「変色」「虫食い」「生地の傷み」がある場合は、商品価値が一気になくなります。

ただしブランド品の場合は、多少保存状態が悪くても値段が付くケースもあります。

振袖のサイズが小さい

サイズが小さい振袖は着用できる人が少なく、需要も低いため買取価格が付きづらくなっています。

最近は海外の人からも注目を浴びている着物ですが、サイズが小さいと売れなくなってしまいます。

しかし柄が良く保管状態が良い振袖は、リメイク素材用として買取需要があるため価格が付く場合もあります。

価値の低い素材が使われている

振袖で使われている素材も買取価格が付くための重要な要因です。

振袖で買取価格が付きやすい生地は「正絹」です。

一方でウールやポリエステルでできている振袖・黒留袖は大量に生産されているため、市場への流通数が多く需要に対して供給過多であり、価格が付きにくい素材」です。

素材がウールやポリエステルでできている振袖や黒留袖でも人気のブランド品である場合は、高値は期待できなくても買取需要があるため買取店へ確認してみましょう。

自分でできる素材の確認方法

買取店へ査定する前に、自分自身で素材を見分ける方法があります。

以前であれば、生地を触ったときにつるつるする手触りが正絹と確認できました。

しかし最近流通している「洗える着物」などは化学繊維でできており、同じようにつるつるしています。

生地の見分け方としては振袖の剣先や衿先の裏側から、生地を少しだけ切り取りライターで燃やします。

絹・化繊

このとき燃えカスをすり潰して粉末状になるのが「絹」、手ですり潰しても固まって崩れないのが「化学繊維」です。

振袖の買取はどの時期がベスト?

振袖を売るときは、需要が高くなる時期より少し前の時期を狙うのがおすすめです。

販売業者やレンタル業者は、需要が高い時期にはしっかりと商品化しておきたいのが本音です。

振袖の場合は利用シーンはほとんど成人式や入学・卒業式です。

そのため、買取相場が上がりやすい成人式前の11月頃~卒業、入学シーズンの3月頃が一番の売りどきと言えるでしょう。

しかし、シーズンを逃したからと言って売れないわけではないので、勘違いしないよう注意しましょう。

振袖を良い状態で保つための保管方法とは?

最後に振袖を高く買取ってもらう方法として、良い状態で保管する方法をお伝えします。

思い入れがある振袖を綺麗な状態で保管するためには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは振袖のベストな保管方法についてご紹介します。

  • ・たとう紙の交換は定期的に
  • ・湿気に気を付ける
  • ・湿気に気を付ける
  • ・防虫対策はマメに行う

たとう紙の交換は定期的に

たとう紙は振袖の型が崩れないように保管するための和紙です。

また和紙素材のたとう紙は高い吸湿性と通気性があり、着物をカビ・ホコリ・シワから守ってくれます。

しかし古いたとう紙は本来の性能を発揮できず、振袖の劣化にも繋がるため定期的に交換が必要です。

たとう紙は年3回の虫干しを行うタイミングで交換することをおすすめします。

湿気に気を付ける

振袖にとって湿気が多い場所は、カビや虫がつく原因の一つです。

湿気を防ぐ方法として、たとう紙以外に着物専用の除湿剤を使うことをおすすめします。

タンスの中に振袖を放置したままにせず、取り込んだ湿気を放散したり天気の良い日に干したりしましょう。

防虫対策はマメに行う

振袖の素材は正絹や綿で作られていることが多く、衣類害虫に注意する必要があります。

とくにタンスの中に放置されている振袖は、湿気で衣類害虫が付いてしまう条件となっているケースも。

こまめにタンスの中から振袖を出して虫干しやタンス内の換気を行いましょう。

また振袖をタンスにしまうときは、たとう紙の中に和装用の防虫剤を忍ばせることをおすすめします。

振袖の3つの売却方法

売りたい振袖が出てきたときや、もう着ない振袖はどうしようかと悩みますよね。

振袖の売り方には大きく分けて3つあります。

ここではそれぞれの良い点や悪い点をご紹介していきます。

  • ・リサイクルショップに売る
  • ・オークション・フリマアプリに出品する
  • ・着物買取専門業者に売る

リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも振袖を買い取ってくれるお店はあります。

ただし、専門的な知識がない場合があるため、正当な査定をしてくれるとは思わないほうがいいでしょう。買取相場は低めです。

しかし、売れた場合は現金即日払いでお金がもらえる点がメリットとなります、

リサイクルショップに持ち込む場合は、売れたらラッキー程度で思っていたほうがいいでしょう。

オークション・フリマアプリに出品する

いらなくなった振袖をオークションやフリマアプリで売るのも一つの手です。

オークションやフリマアプリは自分の価格設定で売ることができるので、高く売れればそれだけの収入が見込めます。

逆に、価格設定を間違えるとずーっと売れないこともありえるので、そこが難しいところです。

また、梱包発送やユーザーとのやりとりも発生するのも、手間となります。

確実に売れると分かる振袖で、こまめなやり取りなどが起きてもいいという人は利用してみるのがいいでしょう。

着物買取専門業者に売る

振袖の売却・処分でおすすめなのが、着物買取専門業者に買取ってもらう方法です。

着物買取専門業者の場合は、着物に詳しい査定士が在籍しているので、振袖なども買取相場に沿った査定をしてくれるので安心です。

そんな着物専門買取業者にも様々な業者がいるので、どの業者が自分にとって一番いいかは見極めが必要です。

振袖の買取業者の選び方

振袖の買取業者を選ぶポイントは、高額で買取ってくれる点だけではありません。

「買取対象品目の豊富さ」「無料引き取り」「キャンセル・返送の可否」など確認すべきことがあります。

振袖の買取実績が豊富な「着物10」では、和装品であれば全て買取対象・値段が付かなくても無料で引き取りも行っております。

業者によっては宅配買取時にお客様の承諾を得ずに買取ったり、出張買取時にしつこい営業でトラブルになることも。

「着物10」ではトラブルを防止するために、買取のキャンセルや返送も対応可能です。

取引了承を強要する行為・無理な営業行為も一切行っておりませんので安心してご利用いただけます。

まとめ

振袖が不要となってしまったからといって、何もせず買取査定にだすのは非常にもったいないです。

思い入れがある振袖だからこそ、少しでも高額買取に繋がるようにしましょう。

まずは自身の振袖がどのくらいの価値があるのかをしっかり理解するために、和服専門の買取業者に査定をしてもらうことをおすすめします。

「着物10」は買取決定率が98.8%と評価が高く、全国どこからでも無料査定が可能です。

大事な振袖の買取をご検討されている方は、ぜひ一度お問い合わせください。