着物帯の買取相場は?高額査定を狙えるコツと帯の特徴を解説

着物帯の買取相場は?高額査定を狙えるコツと帯の特徴を解説

着物との組み合わせ一つで印象がガラリと変わる帯。

着物をおしゃれに着こなしたくて、たくさんコレクションしたけれど使わなくなった帯がある方も多いでしょう。

そんな帯も不要になったとはいえ高価な買い物であることには違いありません。

処分するよりも売りたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

帯の買取相場は安いもので~1,000円ほどですが、高額な帯になると20万円になることもあり、大きく違います。

この記事では帯の買取相場の解説をしながら、「高額査定を狙うためのコツ」「高く買取してもらえる帯の特徴」についてご紹介します。

着物の帯とは?

着物の柄や種類など状況によって使い分ける必要がある着物の帯。

着物の帯は作る工程で「染めの帯」「織りの帯」の2種類に分類されます。

「染の帯」は白い生地を色柄に染めたもので、「織りの帯」は先に糸を染色してから生地にしたものです。

作る工程で帯の価値に違いがあり、一般的に「織りの帯」で作られた帯が格式高いとされています。

また帯自体にも格があり、帯の種類・織り方・文様・金糸・銀糸によって判断されます。

それぞれに名称がある帯ですが、帯の長さ・幅によって呼び分けられています。

帯の中で代表的なものは「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」「丸帯」の4種類です。

帯の種類によってサイズも違います。

着物帯の買取相場はいくら?

着物帯の買取相場はいくら?

着物帯は種類・有名作家・有名織元であれば買取相場が高い傾向にあります。

また帯の種類によって買取価格も大きな差がでます。

袋帯:~20,000円

名古屋帯:~15,000円

半幅帯:~5,000円

丸帯:~10,000円

※上記価格は保管状態がいいものの価格を表しております。すべての買取価格を保証するものではございません。

 

上記でもわかる通り、袋帯・名古屋帯に関しては買取価格が高くつきやすいです。

袋帯は留袖や振袖を着るフォーマルな場面で、名古屋帯はカジュアルな着物と合わせやすい帯です。

丸帯よりも軽くて扱いやすく半幅帯よりも元値が高いため、高価買取となる傾向にあります。

また「有名作家」「有名産地」「ブランド品」であれば、帯の買取相場も格段に上がってきます。

例えば沖縄で生産されている「芭蕉布」を使った帯は、人気が高まっており20万円の額がついたことも。

その他に人間国宝が手掛けた帯なら10万円以上、ブランド品なら~60,000円ほどの買取相場となる場合もあります。

帯を高額査定してもらう4つの方法

帯を高額査定してもらう4つの方法

帯を買取に出す際は、事前にセルフチェックするのがいいでしょう。

確認せずに査定した結果、思った以上に査定額が低くがっかりしたというケースも。

帯の査定額を上げるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは帯を高額査定してもらう4つの方法についてご紹介します。

買取時に証紙も出す

証紙2

有名作家が手掛けたもの・伝統工芸品・有名産地の帯には、証紙が発行されている場合が多くあります。

帯の品質を証明する証紙は、買取をしてもらう際に重要です。

証紙があるとないとでは、帯の買取価格に大きな差がでることも。

証紙がなくても専門業者であれば、帯の特徴や装飾から産地やメーカーを判別することは可能です。

しかし確実な情報を得るには証紙の有無が大切です。

もし買取予定の帯に証紙がある場合は、査定時に必ず一緒に査定に出しましょう。

補修・クリーニングはしない

着用した機会が多かった帯には汗が染みこんだり、経年劣化により汚れが付着しているなど、シミが発生しやすい和装品とされています。

しかし着物同様に帯のクリーニングは、専門的な技術が必要です。

専門的な技術を持ち合わせていない業者に依頼すると、「生地の劣化」「色合い」「風合い」などが悪くなるケースがあるためおすすめしません。

着物買取業者によっては販売前にしっかりとクリーニングするため、そのまま査定に出してみましょう。

帯が劣化する前に査定をしてもらう

高価な帯は生地の元が正絹で仕立てられていることが多く、しっかりと保管しないとカビや虫食いの原因になります。

タンスの中に放置されたままの帯がある場合は、劣化する前に早めの査定をおすすめします。

伝統工芸品や有名作家が手掛けた帯であれば、状態が多少悪くても価格が付きます。

しかし保管状態が悪く修復ができない帯は買取価格が減額、買取自体ができないケースがあります。

着用していない帯をもっているけど査定してもらう予定がない場合は、できる限り風通しの良い場所で保管しましょう。

着物とセットで買取に出す

帯の買取価格を少しでも上げるには、帯と一緒に着物や小物を買取に出すことで価格が上がる可能性があります。

理由としては、成人式や卒業式シーズンは着物の需要が高まり、帯や和装小物をセットで購入するニーズが高まるためです。

帯以外に着物や和装小物で買取を検討しているものがある場合は、一緒に査定してみてはいかがでしょうか。

高額買取が期待できる帯の特徴とは?

高額買取が期待できる帯の特徴とは?

着物帯には高額買取が期待できる特徴があります。

どのような帯が買取してもらいやすいのか理解しておけば、ベストな買取時期を逃さず高額買取につなげられます。

自宅で保管したままの帯がある場合は、ぜひ確認しておきましょう。

証紙が付いている

帯の買取をしてもらう際は、証紙が付いているだけでも査定額が上がりやすくなります。

とくに伝統工芸品やブランド品の帯を査定に出すときに、セットで証紙も付けると買取価格が付きやすく、場合によっては価格に大きな差が出る可能性があります。

査定前には帯に証紙が付属しているかどうか、必ず確認しましょう。

有名な織元である

買取をしてもらう帯が由緒正しい織元や有名な織元の場合は、高額買取が期待できます。

初めて着物や帯を購入する場合は、どの織元の帯を購入すればよいか分からないもの。

そのため、「有名な織元だから安心」という理由で購入される方が多いとされています。

需要が高いメーカーは「久保田織染工業」「川島織物」「河合美術織物」「山口美術織物」「服部織物」などがあります。

例えば久保田織染工業は1910年創業の織元で、他では生産していない伊那紬の袋帯は希少性が高く高額買取が期待できます。

有名作家の帯

人間国宝や有名作家の帯は、買取市場の中で最も高額買取が期待できます。

例えば人間国宝の「北村武資」「木村雨山」が手掛けた帯は希少価値・需要があり買取価格も高くなる傾向です。

他にも「山田貢」「岩井香楠子」「坂井教人」などの有名作家も高額買取が可能です。

もちろん無名作家であったとしても、保存状態の良し悪しや素材の品質で買取価格が付くケースもあります。

伝統工芸品の帯

帯の三大産地は「京都の西陣織」「群馬の桐生織」「福岡の博多織」です。

このような伝統工芸品の帯は、豪華絢爛なデザイン性と耐久性の評価が非常に高く、中古市場でも高値で取引されています。

このほかに沖縄で生産されている「芭蕉布」や山形の「米沢織」は、製造工程や素材の希少価値が高く買取価格も高額になる傾向にあります。

正絹100%の生地

帯_絹100

元々の価格が高い帯の素材には、絹100%の素材である「正絹」が使われています。

正絹はきめ細かい肌触りと、上品な光沢感が特徴の品質が高い生地です。

着物や帯が好きな方にとって正絹は高級なイメージが強くあり、中古の帯であってもニーズが高いため高額買取が期待できます。

一方でウールやポリエステルなどで生産された帯は大量生産された品が多く、市場への流通量が多く供給過多の状態であるため買取価格が付かない場合もあります。

劣化していない帯

帯は保存状態が良く劣化していないものが高く買取られます。

着物や帯はタンスの中に長いこと放置しておくと、カビの増殖や虫食いの原因となります。

帯を高く買取してもらうためには、日々の保管方法に気を付ける必要があります。

タンスに入れる際には「たとう紙」か「木綿の布」に入れて湿気を防ぎましょう。

帯は着物や和装小物と別々にしまうことをおすすめします。

さらに帯をタンスにしまう場合は、たとう紙以外に防虫剤も使用すると効果的です。

保管状態が悪く劣化が激しい帯は買取価格が下がったり、買取価格がつかないケースもあるため注意しましょう。

帯の買取業者は慎重に選ぶ

帯の買取業者は慎重に選ぶ

帯の買取業者の選び方は、買取実績が豊富にあり専門の知識をもつ査定士がいる買取業者に依頼しましょう。

査定後の買取決定率が98.8%を誇る「着物10」では、多数の査定士が在籍しており買取商品の「素材」「作家名」「技法」「年代」など、考慮し査定しています。

弊社買取サービスでは査定料金・送料などの手数料は完全無料です。

さらに査定後のキャンセル・返品も承っていますので、安心してご利用いただけます。

まとめ

帯をコレクションしていたけれど使わなくなったものが多く、処分したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

「着物10」では所有している着物帯の価値がどのくらいか分からない場合でも、まとめて査定。

取引自体もダンボールに詰めて送り、ネットか電話で完了できるので店舗に直接足を運ぶような面倒な作業は必要ありません。

思い入れのある帯の買取を検討している方は、「着物10」まで一度お問い合わせください。