反物の買取相場は?高額買取ができる反物と特徴について解説

反物の買取相場は?高額買取ができる反物と特徴について解説

着物を作る際の基礎となる反物。

仕立てる前の布地であるため、買取してもらえるかどうか分からない方も多いでしょう。

高額買取ができるのは着物だけと考えてしまうかもしれません。

しかし反物であっても、積極的に買取は行われています。

反物の買取相場は、本場結城紬など希少価値が高い伝統工芸品になると50万円と高額買取されるケースも。

この記事では、反物の買取相場をご説明し「高額買取となるポイント」「生地の特徴」「買取業者の選び方」について詳しくご紹介します。

反物とは?

着物といえばすぐに着用できる状態で、店頭に並べられているものと思っていないでしょうか。

実はすぐに着用可能なものは「留袖」「振袖」「訪問着」のみです。

着物を仕立てる前の布を、円形の芯に巻いて販売している反物。

反物は主に「小紋」「紬」「浴衣」「付け下げ」など、同じ柄が繰り返されている素材のことです。

また着物を一着作れる分の生地を一反(いったん)と読み、反物の反は布類の長さをあらわすための単位です。

ちなみに一反に満たない長さの布は反物ではないと考える方もいますが、「胴裏」「八掛」「帯地」などの短い布も反物と呼ばれます。

反物の買取相場はいくら?

反物の買取相場はいくら

反物は仕立てられる前の布地であるため、買取ってくれないと勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

実は反物でも問題なく買取が可能で、状態が良いものなら高価買取もできます。

一般的な反物:~3万円

正絹:~4万円

結城紬:~10万円

大島紬:~20万円

※上記価格は保管状態がいいものの価格を表しております。すべての買取価格を保証するものではございません。

高額買取されやすい反物の特徴とは?

高額買取されやすい反物の特徴とは?

高額買取されやすい反物には、いくつか特徴があります。

まずは買取ってもらう反物が、高額査定してもらえるのかどうか理解しましょう。

ここでは高額買取されやすい反物の特徴を4つご紹介します。

証紙が付いている

証紙1

買取してもらう反物に証紙が付属している場合は、高額買取に繋がります。

証紙とは反物の「生産地」「メーカー」「作家」など、反物の価値を証明するものです。

結城紬や大島紬など伝統工芸品や有名作家が手掛けた反物の多くは、証紙が必ず付属しています。

査定してもらう際は高価買取につながる可能性が高くなるので、必ず証紙を持っていきましょう。

有名作家・産地の反物

有名作家の作品や有名な産地で作られたものは高額買取されやすいです。

例えば「北村武資」や「喜多川平朗」など人間国宝に認定されている方の作品は、希少価値が高く高額買取されやすいです。

また反物の有名産地とされている、「鹿児島県奄美大島の大島紬」「京都西陣織」「茨城県や栃木県の結城紬」も高価買取されています。

保存状態が良い

反物の素材がどんなに良くても、保存状態が悪いと価格が付かないケースもあります。

そのため反物を保管する際は、できる限り通気性の良い場所に置いて湿気を予防したり、たとう紙を入れて型崩れを防止しましょう。

保存状態が良い反物は無メーカーのものでも、思わぬ高値がつくケースがあります。

素材が正絹100%

反物の素材には「絹」「木綿」「麻」などさまざまな種類がありますが、高額買取が期待できるのは絹100%の正絹です。

正絹は需要が高く保存状態が良い場合、数万円単位で買い取ってもらえる可能性があります。

反物で使われている生地は正絹のものが多いですが、中にはウールやポリエステルを使った反物もあります。

これらは素材の需要は高いですが、供給が多く希少価値も低いため買取価格自体が付かないことも。

素人目には見分けがつきにくいので、反物を購入した際の証紙で確認しておくと良いでしょう。

高価買取されやすい反物の生地について

高価買取されやすい反物の生地について

反物は素材・種類などさまざまな種類があり、買取価格もそれぞれ違いがあります。

化繊やウールは価格が付かないことが多くあります。

ここでは高価買取されやすい反物の生地をご紹介します。

結城紬

結城紬

結城紬は栃木県・茨城県で生産されている高級生地で、日本三大紬としても知られています。

空気をたくさん含みやすく、柔らかい手触りと高い保温性が特徴的な優しい手触りの生地です。

一般的な結城紬は反物でも状態がいいと~3万円程度の相場になることもあります。

また真綿から丁寧に紡いだ「本場結城紬」は、~50万円と高額買取になる場合があります。

大島紬

大島紬

大島紬は奄美諸島で生産されている伝統工芸品で、世界三大織物にも数えられるほど品質の高い織物です。

軽くてしなやかな風合い、耐久性が高く数十年も受け継いで使える特徴を持っています。

希少価値が高く買取価格も高額で、生地の状態が良ければ~10万円になることも。

保存状態が良い「本場大島紬」になると30万円以上の値が付くこともあります。

久留米絣

久留米絣

久留米絣は木綿生地で、初めて国の重要無形文化財として認定された織物です。

生産するためには職人の高い技術が必要で、着物以外の和装小物で使われることも多くあります。

久留米絣は職人の技術によって価格差があるため、出来栄えによっては伝統工芸品として指定されるものと指定されないものがあります。

伝統工芸品に指定されないものは買取価格が~数千円ほどですが、伝統工芸品に認定されている物は1万円以上の買取価格となるケースもあります。

西陣織

西陣織

西陣織は美しく染められた色糸と、精密に織りあげる文様が特徴の豪華絢爛な織物です。

熟練の職人が手織りしているため品種は多いですが、生産量が少ないため高級織物の代名詞として認識されています。

買取相場も保存状態がいいものだと、~数十万円と高値で取引されています。

生地の状態で買取価格が大きく変わるため、西陣織を所有している方は慎重に保管しましょう。

牛首紬

牛首紬

石川県白山市で生産される牛首紬は、耐久性に優れ保温性が抜群に高い絹織物です。

最近はパリコレクションで、洋服の素材としても使われたため注目度が上がっています。

また牛首紬として認められているのは2つの工房で作られているだけのもので、希少価値も高く買取相場が~5万円前後になることもあります。

そのため買取時に証紙や落款がないと生地の証明ができないため、買取価格が大幅に落ち込んでしまう可能性があります。

化学繊維は価格がつきにくい

反物にはポリエステルなどの化学繊維を使っている物があります。

化学繊維は大量生産品の着物で使われていますが、元々の価格が安く買取に出しても価格が付かないことも。

それでも買取してほしい場合は別の反物と一緒にまとめて査定してもらったり、価格が付かなくても無料で引き取ってもらえる買取業者に依頼しましょう。

反物の買取業者の選び方

反物の買取業者の選び方

反物を買い取ってもらう場合は生地の種類や産地だけではなく、買取業者の選び方も重要です。

買取業者を選ぶ際に重要なのは、高価買取実績と買取対象の幅が広いかどうかです。

これまでに大量の買取実績があり、買取対象であれば種類・汚れ・年代問わず幅広く査定してくれる「着物10」

梱包に使う資材代・送料・査定料・買取手数料・振込手数料は一切不要で、買取代金をそのままお支払いするので安心してお取引ができます。

まとめ

仕立てていない反物だから買取はできないと考えるのはもったいないです。

自分の好きな着物に仕立てられるからこそ、着物よりも反物が高価に買取されるケースもあります。

所有している反物の価値を知りたい方は、反物の買取に必要な証紙を準備し査定に出してみてはいかがでしょうか。

買取価格に納得がいかない場合は、途中でキャンセル・返却ができるのも「着物10」の魅力の一つです。