着物の「持ち込み買取」手順や損しないための注意点は?買取業者の選び方も紹介

着物の「持ち込み買取」手順や損しないための注意点は?買取業者の選び方も紹介

着物を売りたいけど、何から準備したらいいの?どのお店に行けばいいの?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

着物買取の「持ち込み」は、その名の通り買取をしているお店に着物を持ち込んで、その場で買い取ってもらう方法です。店頭買取とも言います。街なかで「着物買取」の看板やのぼりを見かけることもありますよね。

そういった着物買取をうたっているお店であれば、着物を持ち込むだけで、その場で買取してもらえます。この記事では、

「着物を持ち込みで買い取ってもらうときに用意するものはなに?」
「どの買取店に持ち込むのがいいの?」

などの疑問にお答えします。不要な着物を処分してしまおうと考えている方も、着物買取で意外な値段が付くかもしれませんよ。

持ち込み買取の手順

店頭で着物を売りたい、というときの手順をご紹介します。

手順1.売りたい着物と身分証を用意する

着物を店頭に持ち込む前に、着物の状態を確認したり、証紙などの付属品をしっかり揃えるなど事前に準備することで、着物の買取価格がアップする可能性もあります。

スムーズに買取してもらうために、まずは、お手持ちの着物や必要書類を必ずチェックしましょう!

●売りたい着物の状態を確認する

まずは売りたい着物の状態を確認します。湿気の多い場所などで保管している場合には汚れやカビが付着していることがあるので、できる限りキレイにメンテナンスしてから査定に出すと良いでしょう。

ただし、どうしようもない汚れや傷みがある場合は、簡単に隠せるものではないので、割り切ってそのまま買取に出してしまいましょう。このとき、着物を購入したときに付属していた箱や説明書、証紙がある場合はいっしょに用意しておきます。

有名ブランドや有名産地の着物の場合、付属品があることでその価値が証明できて、買取価格がアップする可能性があります。

●着物を詰める

売りたい着物が用意できたら、次は袋やダンボールに着物を詰めていきます。このとき、着物がシワにならないように注意しましょう。たとう紙はそのままで買取OKな場合が多いです。お店に持っていく着物が数枚なら、マチがある大きなショッピングバッグなどに入れられます。

売りたい着物が大量にあり、袋の中で形が崩れてしまうという場合は、ダンボールなどの丈夫な箱に入れてあげるのが安心です。ただし、食品が入っていたダンボールなどは匂いが移ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

●身分証を用意する

買取をお願いするときには、法に基づいて「本人確認書類」の提示が必要になります。

店頭では一般的に、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの身分証の提示が求められます。その場になって、本人確認ができない!とならないように、前もって準備しておきましょう。着物と身分証が用意できたら、次は実際に買取店に着物を持ち込みます。

手順2.お店で査定してもらう

都合がいい日に店頭に行き、査定をお願いしたら、あとは査定額が出るまで待つだけです。買取店が混んでいなければ、数量によりますが、数十分程度で査定が完了することが多いです。

手順3.査定金額を確認して現金を受け取る

査定が完了すると、買取金額が提示されます。買取を了承すれば買取成立となり、その場で買取金額を受け取れます。

このとき、買取金額の総額だけを見るのではなく、一枚一枚の金額の明細がある場合はしっかりと目を通すようにしましょう。例えば「有名作家の作品なのに、無銘の着物よりも査定額が安い」など、疑問に思ったことは査定員に質問してみることをおすすめします。

査定金額が安すぎたり、納得がいかない場合は買取を断ることもできます。これも持ち込み買取の大きなメリットですね。

ただし逆のパターンとして、「汚れがひどい」「着物は買取できるが、和装小物は買取できない」などの理由から、店側から買取を断られる場合もあります。そのときは査定をしてもらえず、着物を持ち帰らなければならなくなってしまうので、事前に売りたい着物がそのお店の買取対象かどうか、調べておくことをおすすめします。

持ち込み買取のメリットとデメリット

ここまで、着物の持ち込み買取の手順を紹介しました。ご紹介したように、持ち込み買取には以下のようなメリットとデメリットがあります。

持ち込み買取のメリット

  • ・即現金化できる
  • ・査定結果についてその場で質問できる
  • ・査定額に納得できなければ買取を断ることができる

持ち込み買取のデメリット

  • ・売りたい着物が大量にある場合は持ち運びが大変
  • ・移動できる範囲内に買取店がない場合は利用が難しい
  • ・買取を断った、断られた場合は持ち帰る必要がある

以上から、着物の持ち込み買取は「近くに買取店があり、今すぐに現金化したい人」には特に、おすすめの方法です。

持ち込み買取でよくあるトラブル

ネットで検索すると「トラブル」という単語をよく見かけて、初めて買取を利用するのが怖い・・・ということがありますよね。持ち込み買取について、実際に起こりうるトラブルの例をご紹介します。

持ち込み買取のトラブルの例としては、着物の知識がない店員に安く買い叩かれたといったものがあります。

その原因として、着物以外にもブランド品や洋服、貴金属、本、CD類など多岐にわたる買取をおこなっているお店では、 着物を熟知している店員がいる可能性が極めて低いことが挙げられます。想定の10分の1以下の金額だったということもあるようです。

買取は、売る側が査定金額に納得して了承しなければ買取成立にならないので、「金額が安すぎる・・・」と思ったらその場で買取を断ることができます。それでも、わざわざお店に着物を持ち運ぶ労力を考えると、そんな二度手間は避けたいですよね。

さらに、着物以外も買取を行っているリサイクルショップでは、着物そのものが買取不可だったり、ブランド品や作家物以外の古い着物が買取対象外という可能性もあります。

着物を持ち込む店の選び方

次に、着物買取店の選び方をご説明します。
着物買取を行っているお店は、大きくわけて

  • ・リサイクルショップ
  • ・着物買取専門店

の2つがあります。
それぞれの特徴と、メリット・デメリットを見ていきましょう。

リサイクルショップに持ち込む

着物のほか、古着や本、貴金属などいろんなジャンルを扱っていることが多いので、着物のほかにも売りたいものがある場合にも便利です。

ただし注意したいのは、リサイクル店には着物専門の査定員が在籍しているわけではないということです。着物の知識がないスタッフが査定するため、その査定額はお店で決められた大まかな金額になることが多いです。

例えば振袖、留袖、などといったカテゴリによって買取金額が決められていたり、貴重な証紙が付いた着物だけを買取している場合などです。そのため、プロの査定士のような目利き(状態や落款の判別)は期待できません。

また、状態が悪い着物や人気がない着物は買取を断られる場合もあります。これは、ノーブランドの服を買い取っていないリサイクル店があるのと同じですね。

そのため「ほかの中古品といっしょに着物もまとめて売りたい」という人にはおすすめですが、プロの査定を依頼したい場合は、次にご紹介する「着物買取専門店」で買取してもらうことをおすすめします。

着物買取専門店に持ち込む

着物買取を専門に行っているお店に持ち込む方法です。
着物専門の査定士が在籍していることがほとんどなので、売りたい着物に価値があるかどうか、プロの目で査定してもらうことができます。

着物の素材や技法、産地や作家などを見極めて査定してもらえるので、大事な着物をしっかり査定してもらいたい人におすすめです。

リサイクルショップでは値段がつかなかった着物にも、価値を見出して値段を付けてもらえる可能性もあります。

着物買取専門店でも、買取を断られる場合があることに注意

着物を売るときにおすすめの専門店ですが、お店によっては、以下のような着物は買取を断られる場合もあります。

  • ・家紋入りの着物
  • ・喪服
  • ・浴衣
  • ・襦袢
  • ・和装小物(帯締め、草履、和装バッグなど)

買取できない理由としては、元値が安いことや、再販売に向かないといったことが挙げられます。

買取してもらえなかった場合、せっかく持ち込んだ着物をまた持ち帰る・・・と二度手間になってしまいます。

買取できないものはお店のホームページに記載がある場合が多いので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

(番外編)寄付施設へ持ち込む

「買取」ではありませんが、売りたい着物が

  • ・生産から20年以上たった着物
  • ・ウールの着物
  • ・生地の傷み、シミ、カビ、変色、匂いがある着物

などの場合は、値段が付かない場合も多いです。そんなときは、寄付施設へ着物を持ち込むという手もあります。お金にはなりませんが、ハギレなどにリメイクして活用してもらえるので、ゴミとして捨ててしまうよりも罪悪感がありません。

以上から、売りたい着物を持ち込む先は

  • ・着物以外のものをまとめて売りたいなら「リサイクルショップ」
  • ・とにかく高くプロに査定してもらいたいなら「着物買取専門店」
  • ・古い着物が多く処分目的なら「寄付施設」

がおすすめです。

 

近くに買取店がない場合は「宅配買取」が便利

着物買取専門店はリサイクルショップよりも数が少なく、近くにお店がない、という方も多いのではないでしょうか。

売りたい着物が多いと、お店に運ぶだけでも一苦労ですよね。

着物買取サービスのなかには、お店に着物を持ち込む必要がない買取方法もあるんです。

  • ・家に査定士を呼ぶ「出張買取」
  • ・箱に着物を詰めて送る「宅配買取」

なかでも「宅配買取」は、着物を段ボールに詰めて送るだけの簡単な方法なので、重たい着物をお店に持ち込む必要なく家から着物を買取に出すことができます。

着物買取専門店「着物10」の宅配買取は、詰めて送るだけ!

着物10は着物の「宅配買取」を行っている、創業32年の着物買取専門店です。

着物を詰めるのにちょうどいいサイズのダンボールを無料でプレゼントしていますので、そちらに売りたい着物を詰めて、あとは運送業者に取りに来てもらうだけ。

お店に持ち込む必要なく、家で待つだけで着物のプロの査定が受けられます。

さらに、お値段がつかなかった着物も無料で引取OK。

ご了承いただけましたら、返送せずにそのまま寄付団体やリメイク品の制作を行っている施設に寄付していますので、寄付・処分目的という方も気軽にご利用いただけます。

「着物10」は和装品ならすべて買取対象です

着物の買取は着物買取専門店に売るのがおすすめな理由がおわかりいただけたでしょうか。しかし和装小物や浴衣、喪服は買取対象外のお店もあるなど、その対応は店舗によってまちまちです。

そんな方には、着物専門店「着物10」の宅配買取がおすすめです。

「着物10」では和装小物、浴衣など和装品ならすべて買取OK。さらに、着物10は買取した着物を「NPO法人 きものを着る習慣をつくる協議会 きもの支援センター」をはじめ、就労支援施設や着物加工販売企業へ寄付しています。

こちらでは着物10の宅配買取をオススメする理由を3点お伝えしたいと思います。

1.箱に詰めて送るだけ!しかも、送料無料!

申込みから査定完了まで、手数料は完全無料です。無料で梱包キット(ダンボールなどの資材一式)をお送りしますので、着物を詰めて送るだけ。

お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。

2.分別する必要はありません!和装品ならすべて買取OK

着物のほか帯、和装小物など、まとめて査定が可能です。振袖や毛皮コート、婚礼品など、和装品はすべて買取対象。

3.値段がつかなかった着物も無料でお引き取り

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、小物やハギレにリサイクルするなどの取り組みを行っています。

また生地をほどいて加工販売している企業への提供、障害者の雇用・就労支援を行う企業への寄付など、できる限り再利用を心がけています。

 

処分・買取を検討の方はこちら
宅配買取のお取引の流れ

▼詳しくはこちら▼

まとめ

着物の「持ち込み買取」なら、売りたい着物を即現金化できます。大事な着物を1円でも高く売りたいときは、プロの査定士が在籍している「着物買取の専門店」を選びましょう。