着物の羽織は買取してもらえる?相場や高く売るコツ、売却方法を解説!

着物の羽織は買取してもらえる?相場や高く売るコツ、売却方法を解説!

まったく着なくなった羽織を「このまま保管するか」「買取に出すか」検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「思い出の品を手放すのは・・・」と思う反面、ずっとしまっておくのも「手間もかかるし、場所もとるし・・・」

そんな方のためにまずは情報として

・そもそも羽織って買取してくれるの?
買取相場は?
・なるべく簡単に済ませたいけど面倒なことはない?
おすすめの買取店はどこ?

これらの疑問にこの記事では答えていきます。羽織の買取を検討している方は必見ですよ。

羽織は買取してもらえる?

結論から申し上げると羽織単品の場合は買取価格が下がりますが、買取自体は可能です。

羽織は着物の上着として着用するもので、防寒対策のみならず着物の汚れや日焼けを防ぐ役割を持っています。また素材によってはレインコートとして使えるものもあります。

着物の羽織はフォーマル・普段着などさまざまな場面で着用できるのが特徴です。そのため羽織の需要は高いといえます。

羽織の買取相場はどのくらい?

着物の羽織は買取相場が数百円~数万円と幅広くなっています。ここでは羽織の買取相場をご説明します。

一般的なノーブランド品の羽織(状態よし・刺繍あり):~500円

【伊と幸】羽織:~7,000円

羽織 紋紗 夏物:~8,000円

戦前のアンティーク羽織(手刺繍・ロング丈):~10,000円

【茜染め】羽織:~11,000円

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

上記の相場はあくまで目安であり保存状態・年式によって買取額に違いが出てきます。しかし年式が古いからといって価値がないわけではありません。

羽織は希少価値が高いものほど、買取額が高くなる傾向があります。

持っている羽織が古すぎて価値がないと考えていたのに、思わぬ値段で買取してもらえるかもしれません。迷っている方は一度査定を依頼することをおすすめします。

羽織を高く売る4つのコツと注意点

羽織を少しでも高く買取してもらいたいと考えている方は、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは羽織を高く売る4つのコツと注意点をご紹介します。

サイズが大きい羽織を売る

大きいサイズの羽織は高額査定になりやすいとされています。需要が高い理由は以下の通りです。

・大きいサイズの羽織は小さいサイズに仕立て直しができる

・高身長の方が多くなったため丈の長い羽織は需要が高い

・外国人観光客へのレンタルに活用できる

サイズが小さい羽織は着用できる人が限られているため、需要が低く買取額も下がりがちです。高い値段で買取して欲しい場合はサイズが大きな羽織を査定してもらいましょう。

保存状態と保管方法で買取価格が変わる

羽織が高額査定になる要素として、保存状態が良いことは欠かせません。保存状態と保管方法で買取額は大きく変わります。

羽織には特有の刺繍があるため、ほつれなどがあると買取額は大幅に下がります。

保管する場合は綺麗に畳みたとう紙で包んでからしまうようにしましょう。また年に3回は風通しをして虫干しをすると、湿気から羽織を守る対策となるでしょう。

羽織紐もセットで売る

羽織の中で最も格式が高いのは紐付きの羽織とされています。そのため羽織紐も一緒に査定に出すと買取金額がアップする可能性が。

羽織紐が付いている場合はそのままの状態ですぐに中古市場で販売できるため、業者側からしても便利です。所有している羽織に紐がある場合はセットで一緒に売却することをおすすめします。

アンティークの羽織は高額査定が期待できる

羽織には流行に左右されやすい一面があり、製造年月日が新しく保存状態が良いものは高額査定の対象です。

しかし、アンティークの羽織も保存状態が良ければ高い買取価格が見込めます。とくに戦前の羽織には斬新で珍しいデザインのものが多く人気が高いため高価買取が期待できます。

またアンティークの羽織はサイズが小さい物が多いため、大きいサイズのものはさらに高価買取となる可能性が。アンティークの羽織を所有している方は日頃のメンテナンスに気を配るようにしましょう。

羽織を売るならどこがおすすめ?

羽織を高値で売却する場合はどこに依頼すれば良いかご存じでしょうか。依頼場所を間違えると買取額も低くなり価値がない羽織と同じような査定額になることも。

ここでは羽織を買取してもらう場合のおすすめの方法についてご紹介します。

リサイクルショップで羽織を売る場合

結論から言うとリサイクルショップに買取を依頼することはおすすめできません。リサイクルショップは店舗数が多く、買取が完了すれば即日で現金化が可能です。

しかしリサイクルショップには羽織の専門的な知識を持っている査定士がいないため、適正な買取価格がそもそも分からない可能性があります。

そのため価値が高い羽織であっても二束三文で買取されるケースがあるのです。少しでも高額査定を望むのであれば、リサイクルショップは選択肢から外しておきましょう。

ネットオークションで羽織を売る場合

ネットオークションは自分で販売額を決められるため、場合によっては相場以上の額で買取してもらえる可能性があります。しかし販売するまでの商品の撮影・出品・梱包・発送を全て一人で行わなければなりません。

また購入者からの値引き交渉やクレームなどにも自分で対応しなければいけないため、慣れていない方にとっては難しい方法です。

さらに出品してもすぐに購入されないこともあり、すぐに現金化したい方にはおすすめできません。

着物買取専門店で羽織を売る場合

羽織を買取してもらうのであれば着物買取専門店に依頼するのが、一番おすすめです。

着物買取専門店で売る場合は着物に詳しいプロの査定士が市場価格に合わせて適正に買取ってくれるため、価値のある羽織の正確な査定が望めます。そんな着物専門買取業者にも様々な業者がいるので、どの業者が自分にとって一番いいかは見極めが必要です。

羽織の買取なら「着物10」の宅配買取がおすすめ

羽織の買取についておわかりいただけたでしょうか。羽織などの着物類はリサイクルショップやネットオークションでも取引されています。しかし着物専門業者を介さないため買取相場を正確に把握できず、二束三文で買取されるケースも少なくありません。

そんな方には、着物専門店「着物10」の宅配買取がおすすめです。

「着物10」ではプロの査定士が素材・作家名・技法・年代など一つひとつ考慮しながら、商品の良さ・価値を見出し査定しています。さらに、着物10は買取した着物を「NPO法人 きものを着る習慣をつくる協議会 きもの支援センター」をはじめ、就労支援施設や着物加工販売企業へ寄付しています。

こちらでは着物10の宅配買取をオススメする理由を3点お伝えしたいと思います。

1.箱に詰めて送るだけ!しかも、送料無料!

申込みから査定完了まで、手数料は完全無料です。無料で梱包キット(ダンボールなどの資材一式)をお送りしますので、着物を詰めて送るだけ。

お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。

2.分別する必要はありません!和装品ならすべて買取OK

着物のほか帯、和装小物など、まとめて査定が可能です。振袖や毛皮コート、婚礼品など、和装品はすべて買取対象。

3.値段がつかなかった着物も無料でお引き取り

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、小物やハギレにリサイクルするなどの取り組みを行っています。

また生地をほどいて加工販売している企業への提供、障害者の雇用・就労支援を行う企業への寄付など、できる限り再利用を心がけています。

 

処分・買取を検討の方はこちら
宅配買取のお取引の流れ

▼詳しくはこちら▼

まとめ

「着物10」では紋付羽織・絵羽織・小紋の羽織などジャンルに関係なく全てを買取対象としております。さらに伝統工芸品や有名作家の羽織は買取額がアップする可能性もあります。

「思い入れのある羽織だから処分するのは気が引ける…」「着物をまとめて整理したいけど、お店まで持っていくのが大変」という方は、ぜひ一度ご連絡ください。

売りたい羽織をまとめて段ボールに詰めて送るだけで、面倒な手続きなども必要ありません。買取できなかった羽織も大切に引き取らせて頂きますので、安心してご利用いただけますよ。