和装小物の買取相場は?高値で売れるコツと注意点を解説!

和装小物の買取相場は?高値で売れるコツと注意点を解説!

着物姿を彩るために必要な和装小物はさまざまな種類があり、つい買い過ぎてしまった方も多いのではないでしょうか。

着物をおしゃれに着こなすために買い揃えたものの、使わなくなってタンスの中に眠っているなんてことも。

和装小物は種類が豊富で人によって好みも違うため、積極的に買取が行われています。

人気のメーカーや有名作家の小物は、高いもので30万円なんてことも!

和装小物を高価買取してもらうためには、いくつかのコツと査定前に行うべき注意点があります。

この記事では和装小物の「買取相場」「高価買取されるためのコツ」「買取してもらう際の注意点」についてご紹介します。

和装小物とは

「帯揚げ」「帯締め」「扇子」「根付」「和装肌着」「着付け道具」など、着物を着用するときに必要となる和装小物。

最低限必要なものから着物を着こなすための役割を果たすものまで、さまざまな種類のものがあります。

和装小物の買取相場はどの位?

和装小物の買取相場はどの位?

和装小物は多くの種類があるため買取相場にバラツキが出やすく、着物と比べると金額が低いと感じるでしょう。

しかし希少価値が高い和装小物の場合は、数万円で買い取りしてもらえるものもあります。

 

●和装小物の種類と買取相場

帯揚げ:~1,000円

帯締め:~4,000円

伊達衿:~800円

和装バッグ:~3,000円

髪飾り:~5,000円

羽織紐:~1,000円

※上記価格は相場価格を参考として表しております。すべての買取価格を保証するものではございません。

 

上記の表は保存状態や買取業者・ブランドによって変わるため、目安として考えておきましょう。

また使用しなくなった和装小物があれば、どんどん買取査定に出すことをおすすめします。

和装小物は単品で買取してもらうよりも、帯締めと帯揚げなど、一緒に使う小物をセットで査定して貰うほうが買取金額アップにつながります。

また伝統工芸品や希少価値の高い素材を使用している場合も買取価格が高いため、所有している和装小物がどこのブランドであるのか調べておくと良いでしょう。

 

●ブランド和装小物の種類と参考買取相場

【草履】
浅草 匠:5,000円

【和装バッグ】
細見華岳(人間国宝)綴織:18,000円

【髪飾り】
磯井如真(人間国宝)本鼈甲金蒔絵簪笄:20,000円

【帯締め】
道明新兵衛(無形文化財)有職組紐司:80,000円
本珊瑚:300,000円
有職組紐 道明 正絹:6,000円

※上記価格は相場価格を参考として表しております。すべての買取価格を保証するものではございません。

 

和装小物は着物と同様に希少価値が高ければ査定額も高くつきます。

さらにケースや鑑定書も一緒にあると査定額がアップすることも。

高額買取をしてもらえるかもしれないと感じた方は、「着物10」までお問い合わせください。

和装小物を高く売るコツ

和装小物を高く売るコツ

和装小物を査定に出すときは、いくつかのポイントを守ることで査定額がアップする可能性があります。

ここでは誰でもできる買取金額をアップさせるコツについてご紹介します。

綺麗な状態で保存する

買取額をアップさせる方法の一つとして、和装小物が綺麗な状態を保っているかどうかです。

新品未使用の和装小物を査定に出すのが望ましいですが、使用済みの物であってもシミ・汚れ・破損がないものは高価買取が期待できます。

また購入時に付いてきたケース・箱・ビニール類なども査定時に出すと、保管状態が良いと認識されやすく買取価格がアップする可能性も。

汚れが付着している場合に簡単なものなら自分で取っても良いですが、しつこい汚れなどはそのまま査定に出してしまいましょう。

さらに着物を取り扱っていないクリーニング店に依頼すると、生地を傷めてしまい査定額が下がるため注意が必要です。

付属品も査定に出す

和装小物を購入したときに、共箱・証明書・栞・取扱説明書が付属してくることがあります。

付属品を揃えて査定に出すと、付属品がない状態よりも買い手が付きやすいので、買取価格が高くなりやすいです。

また人間国宝の署名入りの和装小物や伝統工芸品の産地が書かれた証紙は、査定してもらう製品の価値を示してくれます。

和装小物の付属品は、処分せずに本体と一緒に大切に保管しておくようにしましょう。

着物買取専門店に査定してもらう

和装小物は製品ごとに査定するポイントが違います。

そのため着物に精通している方でないと、正確な価値を見極めることは難しいでしょう。

着物専門の買取業者は和装小物に関する知識を豊富に持っているプロの査定員が在籍しています。

和装小物は種類が豊富にあり、まとめてセット売りする方も多いでしょう。

着物買取専門店は一つひとつ丁寧に査定してくれるので、大切にしていた小物の価値を低く見誤られる可能性も低いです。

和装小物を買取してもらう際の注意点

和装小物を買取してもらう際の注意点

和装小物は着物と同様に買取してもらう際の注意点があります。

注意点を知っておかないと、安く買い取られてしまうことになったり、買取自体に納得できなかったりする可能性もあります。

ここでは和装小物を買取してもらうための注意点についてご紹介します。

リサイクルショップで売却しない

買取自体はリサイクルショップで可能ですが、場合によっては価値が低く見られて買取相場よりも、大幅に安く買取されるケースがあります。

ネットオークション・フリマアプリなどを活用する方法もありますが、値引き交渉や製品到着後にクレーム対応する可能性があるため慣れていない人にはおすすめできません。

買取希望の和装小物がどのくらい価値があるのか分からない方は着物買取専門店で査定するようにしましょう。

使用品は査定額が付かない場合がある

和装小物を査定に出す場合は使用済みの物も当然あります。

しかし足袋や肌襦袢などの肌に直接着用するものに関しては、査定が付かない可能性があります。

全ての買取品に査定が付くわけではないので、思っていた金額よりも低い場合も。

値段が付かない小物類に関して「着物10」では無料引き取りも行っていますので、返送されてわざわざ捨てる必要はありません。

高値買取が期待できる和装小物とは

高値買取が期待できる和装小物とは

高価買取が期待できる和装小物にはいくつかの特徴があります。

特徴としては「伝統工芸品・有名作家の和装小物」「べっ甲・金などの希少な素材」です。

買取前にお持ちの和装小物が高く売れる物かどうか事前に確認しておくと良いでしょう。

伝統工芸品や有名作家の和装小物

伝統工芸品や有名作家が手掛けた和装小物は高価買取されやすいです。

「佐賀錦」の草履や「有職組紐 道明」の帯締めは~5,000円と高額査定が付きやすいとされています。

保存状態が良く和装小物の価値を示す証紙があれば、買取額も良くなるので付属している場合は必ず査定に出しましょう。

べっ甲・金など希少な素材の和装小物

「べっ甲」「金」「珊瑚」など希少な素材で作成された小物は、高価買取が期待できます。

珊瑚のかんざしは一つに対して20,000円ほどの高額査定が付くことも。

このような希少な素材で作られている和装小物がある場合は、ぜひ査定に出してみましょう。

和装小物の買取業者の選び方

和装小物の買取業者の選び方

和装小物を買取査定してもらおうと考えた場合に、リサイクルショップ・ネットオークション・フリマアプリを検討される方も多いのでは。

しかし正確な価値を見極めて高価買取してほしいのであれば、実績がある着物専門買取業者へ査定依頼するのがおすすめです。

「着物10」ではプロの査定士が常駐しており、あらゆる着物関連の買取査定を行っています。

着物に関係する物であれば種類・汚れ・傷・年代に関係なく全て査定しております。

買取時に発生する「資材代」「送料」「査定料」「買取手数料」「振込手数料」は一切頂いておりません。

買取代金から差し引くことも行っておりませんので、安心してご利用いただけます。

まとめ

和装小物は着物のコーディネートに大切なものですので、たくさん所有している方も多いのではないでしょうか。

一方で使わなくなった和装小物が増えて、処分したいと考えていらっしゃるのでは。

「着物10」は買取決定率が98.8%と高く、WEB・電話の両方から査定申し込みができます。

店舗に直接足を運ぶような面倒な作業がないので、和装小物の処分を検討している方は「着物10」まで一度お問い合わせください。