小紋の買取相場を徹底調査!高く売れる方法と人気の柄を解説!

小紋の買取相場を徹底調査!高く売れる方法と人気の柄を解説!

普段着として使える小紋は価格もリーズナブルであるため、非常に購入しやすい着物の一つです。

季節ごとにデザインも異なるため、新作が出るたびに買ってしまうなんて方も多いのでは。

一方で古くなった小紋の処分の仕方が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

小紋は着物買取専門店で買取可能で、有名作家が手掛けたものは10万円以上の価格がつくことも。

ここでは小紋の「買取相場」「買取されやすい柄」「高く売れる小紋の特徴5選」についてご紹介します。

小紋とは?

小紋とは型染めの技法を使い、模様を反物に何度も繰り返し染めた着物のことです。

模様の大きさはさまざまで無地部分の多い「飛び柄小紋」や、柄で埋め尽くされた「総柄小紋」と呼ばれるものがあります。

おしゃれ着として楽しめる小紋は食事会や観劇など、さまざまなシーンで活用できるので1枚あると非常に便利です。

小紋の買取相場は?

大事に着ていた小紋だからこそ手放すときは1円でも高く売りたいですよね。

小紋の買取相場は素材・産地・柄によって買取価格が大きく変わります。

汚れが目立つ小紋:~2,000円

無名品の小紋:~5,000円

有名作家の小紋:~5,0000円

人間国宝の小紋:~100,000円以上

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

 

小紋の買取額は素材・保存状態などによって大きく変わります。

状態が悪い小紋は数百円程度で最悪の場合は査定額がつかないことも。

しかし有名作家・人間国宝が手掛けた小紋となると10万円以上の買取価格になることもあります。

買取に出す前は事前に状態をチェックしましょう。

買取される小紋の柄とは?

小紋は染め方によってさまざまな種類がありますが、中でも高価買取につながる柄についてご紹介します。

お持ちの小紋が該当する場合は高額査定となる可能性が高いため、買取業者に査定を依頼しましょう。

ここでは高価買取されやすい小紋の柄についてご紹介します。

江戸小紋

小紋の中でも有名なのが江戸小紋です。

一般的な小紋と比べて格式が高いとされており、紋をいれることで略礼装として利用が出来ます。

染色技術は「鮫」「角通し」「行儀」の3つに分けられており、鮫の文様は特に人気があり高価買取が期待できます。

また細かな柄ほど価値が高く、有名作家が手掛けた小紋は10万円以上で取引されることも。

保存状態が良いと買取額がさらにアップするため、所有している小紋のメンテナンスはまめに行いましょう。

加賀小紋

石川県で作られている加賀小紋は「手描き友禅小紋」「型友禅小紋」の2つの染め方に分類されています。

「手描き友禅小紋」は加賀友禅小紋と呼び、職人が一つひとつ手描きで制作しています。

「型友禅小紋」は加賀伝統小紋・加賀染め小紋と呼び、職人が複数枚の型を使い手染めで柄を描く手法です。

中でも職人が全ての柄を1点1点描いている「手描き友禅小紋」は高価買取が期待できます。

京小紋

京都で作られている京小紋は京友禅と型紙を使って染める型染めを融合させた小紋です。

上品な見た目と落ち着きのある雰囲気で着物以外にも、バッグや洋服にも取り入れられている人気の技法です。

京小紋は上品で気軽に着られ人気があるため、買取市場での需要が高く高額査定が期待できます。

高く売れる小紋の特徴5選

小紋を査定に出す場合はいくつかのポイントを守ることで高価買取につながります。

ここでは高く売れる小紋の5つの特徴をご紹介します。

証紙をつけて査定に出す

証紙は小紋の価値を証明するもので、有名作家の着物であれば偽造品ではない証拠として必ず付いています。

査定時に証紙があると買取金額が上がり、証紙がない場合は大幅な減額になることも。

証紙がある場合は大切に保管しておき、小紋を査定するときに提示しましょう。

証紙には生産地・生地の種類・染色方法などさまざま情報が記載されているため、買取業者もスムーズに査定額を付けてくれます。

保存状態が良い

小紋を高価買取してもらうための別の重要なポイントは保存状態です。

保存状態が良い小紋は高額査定になりやすく、希少価値が高いものは数十万円の価格がつくケースもあります。

一方でシミ・汚れなど保存状態が悪い小紋は、大幅に買取価格が下がり最悪査定額がつかない可能性も。

着物はたとう紙に綺麗に包んで保管し、定期的に陰干しすることで良い状態を保てます。

劣化を防ぐためにも保管状態には特に注意しましょう。

伝統工芸品や有名作家の着物

伝統工芸品や有名作家が手掛けた小紋は買取市場での需要があるため、高額査定になる傾向が非常に強いです。

とくに江戸小紋の重要無形文化財に認定された「小宮康正氏」や「中村勇二郎氏」の作品は希少価値が高く、買取価格も高額になりやすいとされています。

伝統工芸品や有名作家の小紋をお持ちの方は査定額に期待ができます。

サイズが大きい小紋

小紋に限らずサイズが大きい着物類は小さいサイズに仕立て直しができるため、買取額が高くなる傾向に。

サイズが小さいと体が大きい人には使用できないため、需要が大幅に下がります。

日本人の平均身長は年々増加傾向にあるため、着物も小さいサイズでは対応できなくなっています。

160cm以上の丈であれば多くの方が着やすいため、高額査定が期待できるでしょう。

人気がある素材の小紋を売る

小紋はポリエステル・ウール・正絹などさまざまな素材が使われています。

正絹100%など人気・希少価値が高い素材は買取価格が大幅にアップすることも。

一方でポリエステルやウールの素材は洗える素材のため重宝されますが、買取市場での供給は多く需要が低いため査定額自体がつかないケースも多くあります。

買取希望の小紋が正絹100%の素材であれば高価買取が期待できます。

小紋を高価買取するなら「着物10」まで

小紋などの着物類はリサイクルショップやネットオークションでも取引されています。

しかし着物専門業者を介さないため正確な相場で買取される可能性は非常に低く、二束三文で買取されるケースも。

「着物10」ではプロの鑑定士が常駐しており一つひとつ丁寧に小紋の査定をしています。

納得できる査定をしてほしい方は着物買取専門業者である「着物10」まで、ぜひ一度ご連絡ください。

まとめ

保存状態が良く伝統工芸品や有名作家が手掛けたような希少価値の高い小紋は高価買取が期待できます。

小紋を持っているけれど「処分方法に困っている」「手入れの手間が面倒…」という方もいらっしゃるのでは?

「着物10」では江戸小紋・加賀小紋・京小紋などさまざまな小紋が買取対象です。

また保存状態が悪くても全て査定を行っており、買取決定率98.8%を誇っています。

買取してほしい小紋が大量にある方はまとめての無料査定も行っていますので、気になる方はぜひ一度ご相談くださいね。