紬の買取相場は?高価買取可能な種類と高く売るコツを解説!

紬の買取相場は?高価買取可能な種類と高く売るコツを解説!

購入すると数十万円~数百万円と高額な「紬」。

フォーマル・カジュアルなどさまざまなシーンで着用できるので、数着お持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で時代の流行り廃りに伴って着なくなった紬をお持ちの方も多いのでは。

紬は着物の中でも伝統工芸品であるため、高価買取が期待できます。

ここでは紬の「買取相場」に加えて「高価買取が期待できる紬の種類」「紬を高く売る5つのコツ」についてご紹介します。

紬とは

紬は糸の状態から染色して織り方を変え、さまざまな柄を表現する絹織物のことです。

紬を造るために使われている「先染め」という技法は繊細な技術が必要で、糸がその色に染まるまで長い時間が掛かります。

その後さまざまな模様を作り出すために、色糸の配置を計算しつつ紬に織り上げられていくのです。

また耐久性に優れており産地によって糸の造りも異なり、それぞれ触り心地・艶・厚みが異なります。

紬の買取相場は?

使っていない紬があるけど保管に手間が掛かるため、買取を検討される方もいらっしゃるのでは。

所有している紬がどのくらいの買取価格になるのか事前に知りたい方も多いことでしょう。

ここでは気になる紬の買取相場についてご紹介します。

大島紬:~300,000円

牛首紬:~50,000円

久米島紬:~100,000円

塩沢紬:~70,000円

結城紬:~100,000円

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

 

紬は無名の物であっても~10,000円と買取相場は高めに設定されています。

また伝統工芸品の紬は30万円以上の高額査定になる可能性も。

証紙が付いていて保存状態が良い紬はさらに買取価格が上がる可能性もあるため、日頃の手入れに気を付けましょう。

高価買取が期待できる紬の種類は?

高価買取が期待できる紬の種類についてご紹介します。

紬は伝統工芸品で種類が豊富にあるため希少価値の高いものは特に高価買取が期待できるでしょう。

ここでは高額査定につながりやすい紬の種類・特徴・買取相場についてご紹介します。

大島紬

奄美大島で作られている大島紬はフランスのゴブラン織やイランのペルシャ絨毯と並び「世界三大織物」の一つとされています。

大島紬は軽量で保温性に優れており、着れば着るほど身体に馴染みシワになりにくい特徴があります。

また1300年以上の歴史があるといわれており、市場に出回っている数が少なく希少価値も高いため、有名作家が手掛けた紬は50万円以上で取引されることも。

無名の紬であっても~数十万円で買取されることがあるため、大島紬なら特にまず査定に出すことをおすすめします。

牛首紬

大島紬・結城紬と並び「日本三大紬」ともいわれる牛首紬。

牛首紬は石川県白山市が発祥で玉糸と呼ばれる糸から作られます。

丈夫で弾力性がありシワになりにくく、特有の光沢があります。

現在では「加藤機業場」「白山工房」の2箇所のみで生産され生産量が限られているため、希少性が非常に高いです。

保存状態が良ければ~20万円以上で買取されることも。

証紙なども一緒に査定に出すと高価買取につながるため、必ず提示しましょう。

久米島紬

沖縄県の久米島町で作られている久米島紬は、素朴でしなやかな風合いを持っており深い色調が特徴の織物です。

また着心地の良さが高い評価を得ており「重要無形文化財」として認定されています。

希少価値があるため買取相場も~20万円と高めです。

しかし保存状態・サイズ・色によって価格が異なるため、お持ちの久米島紬がどのくらいの買取価格になるかは着物買取専門店で正確に査定・判断してもらうことをおすすめします。

塩沢紬

新潟県南魚沼市で作られている塩沢紬は越後上布の織物技術を活かし、数少ない職人が手作業で生産している希少価値の高い品となっています。

生産数が非常に少なく「幻の紬」と称されており、柔らかくさらりとした独特の肌触りが特徴です。

上質な絹糸をたくさん使用しているため買取相場が高く、保存状態が良いもので~12万円以上の査定がつくことも。

塩沢紬の買取を考えている方は保管に気を付け、綺麗な状態で査定に出しましょう。

結城紬

茨城県や栃木県で作られる結城紬は紬の中でも最高級品とされており、柔らかい手触りと深い藍色が特徴の織物です。

また本場結城紬は高度な織り技法が必要とされるため、希少価値が高く中古品であっても高額査定がつく可能性も。

買取相場は結城紬で~10万円、重要無形文化財に指定される本場結城紬であれば~25万円以上となっています。

紬を高く売る5つのコツ

高級な紬を売るのであれば少しでも高価買取して欲しいですよね。

いくつかのポイントを守ることでより高額な査定につながる場合も。

ここでは紬を高く売る5つのコツについてご紹介します。

査定時は証紙も一緒に査定する

紬を購入したときに付属していた「証紙」を提示すると査定額が大幅にアップする可能性があります。

証紙には品質・産地が事細かに記載されているため、紬が偽造品ではなく本物であるという証明になります。

また付属している証紙は1枚のみとは決まっておりません。

例えば結城紬は品質検査が厳重になされ、証紙が複数枚付いています。

結城紬の査定時に必要な証紙は以下の6枚です。

・本場結城紬検査協同組合の合格ラベル

・「結もしくは紬マーク」「糸とり婦人図」「紬検査証」のセット

・「本場結城紬検査之証」の証紙

・「真綿手紬糸100%」の証紙

 

これらの証紙が全て揃っていると買取価格のアップにつながります。

しかし一つでも紛失した場合は査定額が下がる可能性があるため注意が必要です。

付属品なども一緒に揃えて査定に出す

小物・上着・帯・箱などの付属品も併せて査定に出すと、買取額が上がる場合も。

紬を購入する場合は紬に合う小物も一緒に購入することが多いため、まとめて売ることは高額買取に有効な売却手段といえるでしょう。

保存状態に気を付ける

紬は希少価値が高いため、中古品であっても保存状態が良ければ高価買取が可能です。

一方で保存状態が悪いと買取額が大幅に下がり、最悪査定額がつかないことも。

保管状態には特に注意しできるだけ綺麗な状態で売却するようにしましょう。

保管方法は以下の5つです。

①:たとう紙で包む

②:年に1~2回虫干しする

③:桐たんすに保管する

④:たんすの中に除湿シートを敷く

⑤:高温多湿・直射日光を避ける

 

保管方法一つで買取価格が大幅に上下するため、少しでも高く売りたい方は気を付けましょう。

有名作家の紬を売る

人間国宝が手掛けた紬は希少価値があり買取価格も大幅に上がります。

場合によっては50万円以上で買取されることも。

ここでは人間国宝が手掛けた紬の相場についてご紹介します。

伊藤嘉秋作 結城紬訪問着:~30,000円

佐々木苑子作 絵絣紬:~80,000円

城間栄順作 琉球紅型染紬:~100,000円

宗廣力三×宗廣陽助作 草木染別誂郡上紬:~150,000円

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

 

保存状態が良く証紙が全て揃っている場合は査定額がさらにアップするケースもあります。

サイズが大きい紬を売る

日本人の平均身長は時代とともに上がり、年数が経っている紬ではサイズが小さいこともあります。

サイズが大きい紬ほど仕立て直し可能なため、買取価格もアップ。

一方で小さい紬は大きいサイズに仕立て直せず、着られる人が限られるため需要が大幅に下がります。

160cm以上の丈であれば融通のきくサイズであるため高額査定が期待できるでしょう。

紬は着物買取専門業者に売るのがおすすめ

紬はネットオークションやリサイクルショップでも買取を行っています。

しかし着物の買取は専門性が高く豊富な知識が必要であるため、プロの査定士が鑑定しないと二束三文で売る羽目になる場合も。

紬のように希少性が高い着物を査定に出す場合は、着物買取専門業者に売ることをおすすめします。

「着物10」ではプロの査定士が素材・作家名・技法・年代など一つひとつ考慮しながら、商品の良さ・価値を見出し査定しています。

紬は全て買取対象となっていますので、買取を希望している方はぜひ1度ご連絡ください。

まとめ

紬は希少価値が高く元値も高いことから、高価買取が期待できる織物です。

しかし保存状態が悪いものは本来の相場よりも大幅に低い額になることも。

「思い入れがある紬だけど手入れが大変だから買取に出そうか・・・」「譲る人もいないので処分しようかな」と考えている方は1度「着物10」の査定に出してみてはいかがでしょうか。

「着物10」では紬はもちろん帯や和装小物など、着物に関連するものであれば全て無料査定。

資材代・送料・査定料・買取手数料・振込手数料は一切頂かず、買い取り代金から何も差し引かずにお支払いしております。

不要になった着物類を段ボールに詰めて送るだけなので、重い着物を持ち運ぶ必要がありません。

処分にお悩みの方はご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡くださいね。