付下げの買取相場はいくら?高く売るコツと処分方法を解説!

付下げの買取相場はいくら?高く売るコツと処分方法を解説!

ちょっとしたお出かけや食事会などの普段着として使える「付け下げ」。価格もリーズナブルなので流行に合わせて何着も所有している方も多いのでは。

一方で使わなくなった付け下げを買取してほしいと考えている方も多いでしょう。

付け下げは購入価格が着物の中でも高くないため、買取価格が低いと思われがちです。しかし有名作家が手掛けたような付け下げは20万円以上で買取されるケースもあります。

ここでは付け下げの「買取相場」に加え「付け下げを高く売る5つのコツ」「付け下げの処分方法」についてご紹介します。

付下げの基礎知識

付け下げとはお茶の席や外出時などさまざまな場面で活用できる着物です。基本的に正絹で作られており、着物の形状に仮仕立てをしてから染める製法ではなく、反物の状態ですでに染めてある特徴があります。

訪問着よりも格下に位置づけられており、正装ではなく準正装に近い着物とされています。

付下げの買取相場はどのくらい?

一般的な付下げ:~20,000円

ろうけつ染付下げ小紋(100,000円):~5,000円

辻が花(250,000円):~20,000円

刺繍格子模様(400,000円、未使用品):~40,000円

森口華弘作 付下げ:~70,000円

城間栄順作 付下げ:~200,000円

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代・市場状況などによって価格は大きく変化します。

無名な付下げは~20,000円ほどですが、有名作家が手掛けた付下げになると200,000円の買取価格になることも。

あくまで目安の料金であり付下げの保存状態などによって、買取価格は大幅に変化することも覚えておきましょう。

付下げを高く売る5つのコツ

使用しなくなった付け下げとはいえ買取してもらうなら、できる限り高く査定してもらいたいもの。

付け下げを査定してもらう前にいくつかのポイントを押さえておくと買取価格が上がる場合があります。

ここでは付け下げを高く売る5つのコツをご紹介します。

作家物・老舗呉服店の付下げを売る

着物の証紙

高価買取が期待できる付け下げは人間国宝が手掛けた希少価値の高いものです。とくに「羽田登喜男」「小宮康孝」「久保田一竹」「福田喜重」「北村武資」などの付け下げは高価買取が期待できます。

また老舗呉服店・百貨店でプロデュースされている着物も希少性が高いものが多いため、高額査定がつくことも。その他に「本場加賀友禅」「京友禅」「手描き友禅」などの伝統工芸品も高級品とされています。

保存状態が良いとさらに買取価格が上がるため、着物が経年劣化する前に1日でも早く査定に出すことをおすすめします。

紋付の付下げを売る

付け下げは訪問着と比べて格下の略礼装に当たります。しかし家系・血統・地位を表す紋が入った付け下げは格が準礼装となり、訪問着と同格として扱われます。

所有している付け下げに紋が入っているかどうかを査定前に確認しておきましょう。

大きいサイズの付下げを売る

大きいサイズの付け下げは小さいものと比べると高価買取が期待できます。

サイズが大きい着物は仕立て直すことで、違うサイズの付け下げに生まれ変わらせることが可能だからです。

サイズが大きい付け下げは需要が高く、買取価格も大幅に上がります。

査定時に証紙も一緒に出す

着物の証紙

査定時に証紙があると買取価格が大幅に上がる可能性があります。証紙は着物の価値を証明するのに重要なもので、有名作家が手掛けた着物や伝統工芸品には高い確率で付いています。

生産地・生地の素材・染色方法など着物にとって必要な情報が事細かに記載されているため、査定してもらう場合は必ず提示しましょう。

状態良好な付下げを売る

付け下げは保存状態が悪いと買取価格が大幅に下がります。破れ・劣化が酷い場合は査定がつかないケースも。

また付け下げの素材は天然由来の正絹100%なので、丁寧に扱わないと生地にシミ・傷みが生じやすくなります。タンスの中など通気性が悪い場所に保管すると、カビや虫による損傷が起き買取されない場合があるため注意が必要です。

付下げを売る・処分するならどこがおすすめ?

着なくなった付下げをたくさん持っているけれど、着る機会がなく売ることを考えている方も多いのでは。

付下げを売ったり、処分するには5つの方法があります。大量に付下げを所有している方はぜひ参考にしてください。

親しい人に譲る

付下げは未婚・既婚を問わずに着られる着物であるため、欲しい人がいる場合は譲る選択ができます。また着用できるシーンが豊富であるため、親しい友人・姪っ子・自分の子供にと考えていらっしゃる方も多いのでは?

しかしサイズ・好みが合わない場合もあり、必ずしも譲った相手から喜ばれるとは限りません。付下げはサイズ・好みを相手に確認してから譲るようにしましょう。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップでは衣類・着物関係を買取してくれるところも多数あります。リサイクルショップは近所にあることが多く、即日で現金化できるため利用される方も多いでしょう。

しかし付下げをリサイクルショップに売ることはおすすめできません。着物専門買取業者のように着物の知識に精通したプロがおらず、状態が良く価値のある付下げであっても二束三文で買取される可能性が高いためです。

付下げをリサイクルショップで売ることは避けましょう。

オークション・フリマアプリに出品する

不要となった付下げをオークションやフリマアプリで売ろうと考えている方もいらっしゃるでしょう。

オークションやフリマアプリは手元のスマートフォンで簡単に出品が可能で、自分の売りたい金額で販売できるメリットがあります。しかし所有する付下げの相場を知らないと適正な値段設定が難しい一面も。

また売れるまでに時間がかかることも多く、すぐに現金化したい方には向いていません。その他に購入者からの値引きの相談やクレーム対応も全て一人で行う必要があるため、ある程度の手間がかかる覚悟が必要です。

リメイクする

付下げの生地は正絹100%であるため、素材が良くデザインも華やかである場合が多いです。そのため捨てるのはもったいないからと、ワンピース・ドレス・和装小物にリメイクして活用する方もいます。

しかし自分でリメイクする場合は洋裁に慣れている人でないと、仕上げることができずじまいになることも。リメイクしてくれる店舗もありますが、高額な費用が掛かる場合もあります。

着物買取専門業者に売る

着用しなくなった付下げを処分する場合におすすめなのが、着物買取専門業者に買取ってもらう方法です。

着物買取専門業者に売る際はプロの査定士が一つひとつ丁寧に査定するため、適正な金額で買い取ってもらえるメリットがあります。保存状態がよほど悪くない限り、相場通りの査定額が付くでしょう。

「着物10」では着物の汚れ・傷・年代など関係なく査定を行っております。

付下げの買取なら「着物10」の宅配買取がおすすめ

着物10のトップページ付下げの買取についておわかりいただけたでしょうか。付下げなどの着物類はリサイクルショップやネットオークションでも取引されています。しかし着物専門業者を介さないため買取相場を正確に把握できず、二束三文で買取されるケースも少なくありません。

そんな方には、着物専門店「着物10」の宅配買取がおすすめです。

「着物10」ではプロの査定士が素材・作家名・技法・年代など一つひとつ考慮しながら、商品の良さ・価値を見出し査定しています。さらに、着物10は買取した着物を「NPO法人 きものを着る習慣をつくる協議会 きもの支援センター」をはじめ、就労支援施設や着物加工販売企業へ寄付しています。

こちらでは着物10の宅配買取をオススメする理由を3点お伝えしたいと思います。

1.箱に詰めて送るだけ!しかも、送料無料!

宅配買取は簡単に利用可能

申込みから査定完了まで、手数料は完全無料です。無料で梱包キット(ダンボールなどの資材一式)をお送りしますので、着物を詰めて送るだけ。

お値段がついたお品物はすべて1点ごとの明細をお出しします。

2.分別する必要はありません!和装品ならすべて買取OK

買取できる着物一覧

着物のほか帯、和装小物など、まとめて査定が可能です。振袖や毛皮コート、婚礼品など、和装品はすべて買取対象。

3.値段がつかなかった着物も無料でお引き取り

買取した着物は再販売や寄付している

残念ながらお品物に値段がつかなかった場合は、お客様のご了承をいただけましたら無料でお引き取りし、小物やハギレにリサイクルするなどの取り組みを行っています。

また生地をほどいて加工販売している企業への提供、障害者の雇用・就労支援を行う企業への寄付など、できる限り再利用を心がけています。

 

処分・買取を検討の方はこちら
宅配買取のお取引の流れ

▼詳しくはこちら▼着物10を詳しく見る

まとめ

付下げは訪問着よりも格付が低いため、伝統工芸品・有名作家のものでなければ全体的に買取価格が低い傾向があります。

そのため高価買取希望の方は複数の着物をまとめて売ることが多いです。「着物10」ではプロが責任を持って着物の状態に限らず全て査定を行い、買取決定率も98.8%。

また「資材代」「送料」「査定料」「買取手数料」「振込手数料」は全て無料です。買取額からこれらの手数料を一切差し引かずにお支払いしています。

所有している付下げを少しでも高値で買取したいと考えている方は「着物10」までお気軽にご連絡ください。