留袖の買取相場は?最高50万越え?高額買取5つのコツを紹介!

留袖の買取相場は?最高50万越え?高額買取5つのコツを紹介!

着物の中で格式が高い留袖は数万円~数百万円という金額で購入された方も多いのではないでしょうか。

しかし着用する機会が減り、買取に出そうと考えている方は相場がどのくらいか気になりますよね?

留袖は格が高い第一礼装の着物であるため、買取価格も期待できるものが多くあります。

伝統工芸品や有名作家の留袖となると、買取価格が50万円以上になることも。

ここでは留袖の買取相場はもちろん「高価買取してもらうためのコツ」「おすすめの売却方法」についてご紹介します。

留袖とは?

留袖とは結婚式や結婚披露宴などで着用する、着物の中で最も格式が高い第一礼装の着物です。

留袖は「黒留袖」「色留袖」の2種類に分類されています。

黒留袖

「黒留袖」は既婚女性が着用する第一礼装で、慶事の際に結婚式の主催者側の親族や仲人が着用する格の高い着物です。

黒留袖の特徴としてベースの色は黒で5つの家紋が着物に入り、裾部分に「絵羽模様」が描かれています。

色留袖

「色留袖」は黒以外の留袖となっており、既婚者以外に未婚の方でも着用ができる礼装です。

黒留袖と同様で裾部分のみに「絵羽模様」が描かれており、紋の数は「一つ紋」「三つ紋」「五つ紋」の3種類があります。

黒留袖は家紋が五つという決まりがありますが、色留袖は五つ紋で第一礼装・一つ紋と三つ紋で準礼装となっています。

留袖の買取相場はいくら?

留袖の買取相場はいくら?

着物の中で最も格式が高いとされている留袖ですが、着用する機会が慶事であるため活用する場面が減ってきたという方も多いのではないでしょうか。

そのため処分するのも勿体ないので、人に譲ろうか買取してもらおうか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

留袖は元値が非常に高い着物であるため、高価買取も期待できます。

ここでは留袖の買取相場についてご紹介します。

押田正義 本加賀友禅黒留袖:50,000円

東藤岳 本加賀友禅黒留袖:40,000円

京友禅黒留袖:~150,000円

羽田登喜男 黒留袖:60,000円

合田峰太郎 総京刺繍色留袖:30,000円

蒋雪英作 総相良刺繍色留袖:30,000円

藤林徳扇 色留袖:50,000円

※上記の買取相場はあくまで目安であり、保管状態・年代などによって価格は大きく変化します。

留袖は保存状態が良ければ、数十万円以上の買取価格がつく可能性もあります。

一方で保存状態が悪いと大幅に買取価格が下がる場合も。

タンスにしまったままにしている場合は経年劣化する可能性もあるため、早めの査定をおすすめします。

留袖を高額買取してもらう5つのコツ

留袖を高額買取してもらう5つのコツ

大切に使っていた留袖を買取に出すなら、少しでも高額査定して欲しいものです。

留袖を査定に出す場合はいくつかのポイントを押さえると高額買取が期待できます。

ここでは留袖を高額買取してもらうための5つのコツについてご紹介します。

落款・証紙がある

買取査定にだす際に落款・証紙があると買取価格が大幅に上がることも

落款や証紙は着物の価値を示すために重要な証拠となるものです。

有名作家や伝統工芸品の留袖には証紙が付いているケースがほとんどです。

製造者以外に生産地・生地の素材・染色方法などあらゆる情報が記載されているため、査定時には必ず提示するようにしましょう。

サイズが大きい留袖

日本人の平均身長は時代と共に伸びたため、大きいサイズの留袖に需要が集まっています。

サイズが小さい留袖を大きくすることはできませんが、大きいサイズであれば仕立て直して小さくすることもできるため高価買取が期待できます。

一方でサイズの小さい留袖はサイズ調整ができず需要も低いため、査定額は低めになってしまいます。

正絹100%の留袖

正絹とは絹100%で作られた生地を指します。

絹は希少性が高く人気も高いため、正絹の留袖は高額査定となる可能性が非常に高いでしょう。

着物の生地はポリエステルやウールでできたものが多くありますが、元々の価格が安価であるため買取価格も低くなってしまいます。

保管状態が悪いポリエステル生地の場合は、査定が付かないケースがあることも覚えておきましょう。

保管状態が良い留袖

着物は保管状態が悪いと劣化がどんどん進み買取価格も下がってしまいます。

とくに着物の中で最も格式が高く元々の買取価格も高い留袖の場合は、大幅に査定額が減少することも。

正絹のように天然由来の生地は繊細に扱わないと、生地にシミ・傷み・カビの原因となってしまいます。

あまりに保管状態が悪いものは留袖であっても、査定額がつかない可能性もあるため注意が必要です。

伝統工芸品・有名作家の留袖

有名作家が手掛けたものや伝統工芸品の留袖は、希少性・耐久性・品質が非常に高いため高額買取ができます。

有名作家は「羽田登喜男」「久保田一竹」「由水十久」「北出与三郎」「初代龍村平藏」などの留袖は高額査定がつきやすいです。

また伝統工芸品の留袖では「加賀友禅」「京友禅」「東京友禅」が日本三大友禅とされており、昔から高級品とされています。

これらの留袖は高価買取が期待できるでしょう。

留袖はどこで売れば良い?

留袖はどこで売れば良い?

留袖を高価買取してもらうためには売り方も重要です。

一般的な売却方法として考えられるのは「リサイクルショップ」「オークション・フリマアプリ」「着物買取専門店」の3種類です。

リサイクルショップで売る場合

リサイクルショップは店舗数も多くすぐに現金化ができることもあり、買取候補に考える方も多いのではないでしょうか。

しかしリサイクルショップには着物を正確に査定できるスタッフが常駐していないため、本来の価値を見極められず相場より安価で買取られる可能性が高いです。

元値が高い留袖ですが数百円ほどで買取されたケースもあるため、高価買取して欲しいと考えている方はリサイクルショップでの査定はおすすめしません。

オークション・フリマアプリで売る場合

オークションやフリマアプリでも着物は販売されています。

自分で好きな値段を決められるため、相場よりも高く買い取りされることも。

しかしすぐに売れるわけではなく、出品してから落札まで時間がかかる可能性があります。

また写真の撮影・梱包・発送も全て自分で行う必要もあります。

その他に落札者とのやりとりや値引き交渉にも答える必要が出るため、戦略的なやり取りができない方には難しい方法かもしれません。

着物買取専門店で売る場合

留袖を相場通りに買取してほしいと考えた場合は、着物買取専門店に売るという選択がおすすめです。

着物の専門的な知識を持っているプロの査定士が、留袖の正確な価値を鑑定してくれるので保存状態が悪くない限り相場通りの価格で買い取ってくれるでしょう。

「着物10」では豊富な経験を持つ査定士が常駐しており、一つひとつの着物を丁寧に買取査定しています。

留袖売るなら買取専門業者で!

専門的な知識が必要とされる着物はプロの査定士でないと正確な買取は難しいと考えてよいでしょう。

「着物10」では着物類に関しては全て査定を受け付けているため、買取実績が豊富にあります。

買取決定率も98.8%と高く、「資材代」「送料」「査定料」「買取手数料」「振込手数料」は一切頂いていません。

また買取代金からも差し引いたりせず、そのままお支払いしているため高価買取に繋がります。

まとめ

着物の中で格式が最も高いとされている留袖。

元値が高いことから買取相場も高値がつけられています。

使用せずタンスの中に閉まったままの留袖を持っている方も多いのではないでしょうか。

もし処分を考えているのであれば「着物10」へ一度査定に出してみませんか。

「着物10」ではWEB・電話からでも査定申し込みを受け付けています。

店舗に直接来店する必要がなく段ボールに詰めて送るだけですので、ぜひ「着物10」に査定をお任せください。